清水和夫がマツダCX-60 PHEVに試乗。「よくこんな複雑なPHEV作ったなぁ。速さは圧倒的にディーゼルよりコッチ!」

■MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプに清水和夫が関心しきり!

●家で充電できて燃料代を重視、そして速さも欲しいならディーゼルよりPHEV、かな?

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
清水和夫さんによるMAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ試乗動画をドーゾ!

国際モータージャーナリスト・清水和夫さんによる試乗動画紹介では、マツダのラージ商品群で注目の「CX-60ディーゼル版」を先行で公開しました。

今回は2.5Lガソリンエンジン(SKYACTIV-G 2.5)とモーターを組み合わせた、マツダ初となるPHEV(e-SKYACTIVE PHEV)版(※どちらもまだプロトタイプです)をいってみましょう。

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ試乗

「ディーゼルかPHEVか?は、パンかライスか?みたいで悩ましいw」と、妙に納得する迷言もw!

ではさっそく、元MINEサーキットのマツダテストコースによる清水さん試乗動画をドーゾ!

●4気筒ディーゼルのプラグインにしたら最強なんじゃないかな? どう、マツダさん!

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEVのシステム
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEVのシステム

PHEVなのでペラシャフトはあるけど、両サイド床下にバッテリーがあって、8速AT。トルクコンバーター取ってクラッチとモーター120kWが入っていますね。

今はバッテリーはけっこうあるのでモーターだけで走るんだけど、でもパーシャル15km/hくらいでアクセルオンすると、ちょっとギクシャクするところがある。でもまぁ、プロトタイプだし、これはこの後直るんでしょうね。

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
CX-60、速さならディーゼルよりPHEVのほうが勝ち!

しかし、こんな複雑なトランスミッション、よく作ったなぁと思う。

48Vモーターはちっちゃいから12kWくらいなのでまだ作りやすいかもだけど、120kWくらいのモーターとクラッチを8ATに入れていますからね。

このザラザラした路面はちょっとコツコツとしたロードノイズが気になる。PHEVになるとバネレートが固いからコツコツが目立っちゃうね。

速さでいったら、ディーゼルより圧倒的にコッチのほうが速い。それにPHEVだから、家で充電しておけば普段はほとんどエンジンかけないで使えますね。

●まだちょっと研究の余地あり、なトコロも

ディーゼルとは同じボディだけど、PHEVのほうが値段は高いと思うので、いろんなところをもっと高いクルマチックにしといたほうがいいのかなぁ。

さて、スポーツモードです。まだちょっと50km/hあたりはギクシャクする感じがある。クラッチとトランスミッションとモーター、このへんの関係だろうね。

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプの2488ccエンジン

ブレーキングすると自動的にギヤダウンしてくれるので、この辺は気持ちイイな。

そして、ノーマルモード。これだとギヤのアップ/ダウンがビジーになって、ちょっと変速のショックがありますね。

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプのフロントビュー

ガソリンのPHEVにしますか、ディーゼルにしますか? パンにしますか、ライスにしますか?みたいなかんじでけっこう悩ましいですね!

スピードはPHEVのほうがディーゼルより出る。燃料代をセーブしたいのならPHEVだろうね。ただこれは、自宅で充電できるというのが条件。


MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ、全ての清水インプレッションは動画でしか見られません!

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ
MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEVの主なスペック

【MAZDA CX-60 e-SKYACTIV PHEV 欧州仕様プロトタイプ】
全長×全幅×全高(mm):4742×1890×1691
ホイールベース(mm):2870
トレッド フロント/リア(mm):1637×1637
エンジン排気量(cc):2488
圧縮比:13.0
トランスミッション:8AT
ドライブトレイン:AWD
最高出力 kW(ps)/rpm:141(191)/6000
最大トルク(Nm/rpm):261/4000
燃料消費 (WLTP L/100km):1.5
燃料消費 (WLTC km/L):66.7
CO2(WLTP g/km):33
燃料タイプ(ron):ガソリン(95)
燃料タンク容量(L):50
電機駆動モーター 冷却システム:水冷方式
最高出力(kW(ps) /rpm):129(175)/5500
最大トルク(Nm/rpm):270/4000
システム総出力 最高出力(kW(ps)/rpm):241(327)/6000
最大トルク(Nm/rpm):500/4000
駆動用バッテリー 化学成分:リチウムイオン
電圧(V):355
容量(kWh):17.8
セル数:96
充電方式:AC
単相:7.2 kW 0%-満充電 2h20m 20%-80% 1h30m
三相:11kW(充電時間 非対応)
サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン/フルマルチリンク
タイヤサイズ:235/50R20
ホイールサイズ:20
ブレーキタイプ(F/R):ベンチレーションディスク/ベンチレーションディスク
最高速度(km/h):200
0-100km/h(秒):5.8
EV走行 航続距離(km):61-63

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

MAZDA CX-60
https://www.mazda.co.jp/cars/cx-60/teaser/

【関連記事】

  • マツダCX-60 の3.3L 直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッドに清水和夫、「新東名120km/hでブッ飛ばしたい!」
    https://clicccar.com/2022/04/12/1176683/
  • 祝!清水和夫68歳&免許取得50周年♪誕生日を記念して911 GT3 RSニュル激走シーンをお届け!ポルシェ・スペシャリストの走りは?【SYE_Xアーカイブ】
    https://clicccar.com/2022/02/11/1160767/
  • マツダ「CO-Pilot1.0」は、他メーカーと異なるスタンスで自動運転技術による安心なクルマ作りに大賛成!ハンズオフ反対派が解説【清水和夫 特別寄稿】
    https://clicccar.com/2021/11/04/1131384/
  • EV嫌いの清水和夫も驚愕!「マツダMX-30 EVは蕎麦屋のカレーライス。意外と旨い!」【SYE_X】
    https://clicccar.com/2021/04/08/1073596/

この記事の著者

清水和夫

清水和夫 近影
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業。1972年のラリーデビュー以来、スーパー耐久やGT選手権など国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。clicccarでは自身のYouTubeチャンネル『StartYourEnginesX』でも公開している試乗インプレッションや書下ろしブログなどを執筆。