日産アリアとニッサン パビリオンが世界で最も権威あるデザイン賞の「iF デザインアワード」を受賞

■高品質でモダンな日産デザインを高く評価

2022年4月14日(木)、日産自動車は、日産アリアとニッサンパビリオンがドイツの「iF(アイエフ)デザインアワード」を受賞したと発表しました。

1954年に創設された「iF デザインアワード」は、世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつです。

日産アリア
「ニッサン パビリオン」でワールドプレミアされた日産アリア

132名からなるデザインの専門家(審査員)が、全世界の製品やプロジェクトなど、57ヵ国、1万776点の作品を審査。

今年は、製品、パッケージング、コミュニケーション、サービスデザイン、アーキテクチャ、インテリア/内装、プロフェッショナルコンセプト、ユーザーエクスペリエンス (UX)、ユーザーインターフェイス (UI)の9つの分野が対象となっています。

バッテリーEVの日産アリアは、リーフなどで同社が培ってきたノウハウと多くの先進技術を融合させた、スタイリッシュなクロスオーバーSUVでもあります。

「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」という同社独自のコンセプトが採用された、ハイクオリティなデザインも見どころです。先進的でありながらも、シンプルでモダンなスタイリングが目を惹きます。

ニッサン パビリオン
ライトアップされた「ニッサン パビリオン」

2020年に期間限定でみなとみらいにオープンした「ニッサン パビリオン」は、未来のモビリティ社会をインタラクティブに体験できる施設として、多くの来場者を集めました。

日産が創業以来、ロゴデザインに込めてきた「至誠天日を貫く」という想いを新しい日産ロゴとともに建物全体で具現化。日産アリアも、新しいロゴをエンブレムに採用されていて、同会場からオンラインでワールドプレミアされています。

「iF デザインアワード」の選考基準である「アイデア」「形」「機能」「差別化」「インパクト」の5項目において総合的に評価され、受賞に結びついています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。