「全業界が驚いた!」井出有治×BUSOU×Drago CORSEのGT300 GT-R、シェイクダウン無事完了! 開幕戦へ向け準備は整ってきた!!【SUPER GT2022】

■井出有治、GT-R GT3で4年ぶりにSUPER GTへ完全復帰!

●BUSOUのレース初挑戦はもちろん、道上龍監督にとってもGT-Rは新たな挑戦!

BUSOU Drago CORSE×井出有治
BUSOU raffinee GT-Rシェイクダウンテスト

元F1パイロットで、クリッカーではハイパワー系試乗テストドライバーをお願いしている井出有治さんが、NISSAN GT-R NISMO GT3でSUPER GT2022(以下、スーパーGT)GT300クラスに完全復帰、バンザイ!

参戦概要は以前もお知らせしましたが、コチラ。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
いよいよシェイクダウンテストです

【チーム概要】
チーム名:BUSOU Drago CORSE
マシン名:BUSOU raffinee GT-R
タイヤ:ダンロップ
チーム総監督:金子 哲也
チーム監督:道上 龍
ドライバー:柳田 真孝・井出 有治
チーフエンジニア:伊与木 仁
マシンメンテナンス:4MINUTES

BUSOU Drago CORSE×井出有治
チーフエンジニアの伊与木仁さん(左)とチーム監督の道上龍さん(右)。最強コンビです

HONDAの申し子・道上龍さんが監督で、2020年にチーム国光「RAYBRIG NSX-GT」をGT500チャンピオンに導いた伊与木仁さんがチーフエンジニアに加わるという、「全業界が驚いた!」このチーム体制。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
ドライバーはGTを知り尽くしている井出有治選手(左)と柳田真孝選手(右)

そ・し・て! 4月16日(土)~17日(日)、岡山県・岡山国際サーキットで行われる『2022 AUTOBACS SUPER GT Round1 たかのこのホテルOKAYAMA GT 300km RACE』、スーパーGT開幕戦へ向け、井出有治さんが乗るBUSOU Drago CORSEのBUSOU raffinee GT-Rがついにシェイクダウンテストを行いました!

その場所は、テスト(3月2日)の前日に「ツインリンクもてぎ」から名称変更となった「モビリティリゾートもてぎ」。その模様、じ~っくり見て、聞いてきましたよ!

●最新版NISSAN GT-R NISMO GT3は初、道上龍監督とも初! 早く走らせたい!!

井出さん、シェイクダウンテストのその前に、組み上げられたばかりのGT-Rをチェックです。

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:厚木にあるチームのファクトリー・4MINUTESで、道上龍監督とのミーティングがありました。で、そのとき初めて、今年の愛車となるGT-Rのシートに座ってみました!

シートに収まってすぐに思ったことは、シンプルに『早く走らせたい!』笑

BUSOU Drago CORSE×井出有治
Drago CORSEのガレージ、4MINUTESでミーティング。「早く走りたい!」(画像:折原 弘之)

やすの:井出さん、2013年にGT-RでGT300へスポット参戦していますよね!

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:1戦だけね。それまで1年半ほどレース活動を休止していたんだけど、たまたまお話を頂いたチーム(OGT!Bonds Racing)が“気持ち良く”走らせてくれるところだったので! 結果は、チームメイトが走った予選は25位、決勝はボクが頑張って5位でした。

やすの:その時のGT-Rと今回乗るマシンでは年式が違う…っていうの? 新しいですよね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:そうそう。2018-SPECがベースで、2020エボリューションへアップデートされています。この仕様が今、一番新しいNISSAN GT-R NISMO GT3です。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
2013年にスポットで乗ったOGT!Bonds Racing・GT-R GT3

2013年に乗った初期のモデルとの一番大きな違いは、エンジンの搭載位置。エンジンがドライサンプ化されたことで約150mm下に下がって、内側(室内側)に約150mm下げてあります。これによって低重心化と重量配分の改善がされ、さらに強烈なパフォーマンスを発揮しています。どんな走りをするのか、凄い楽しみ♪

やすの:道上監督…どう言ってます? GT-Rのこと…。

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:道上さん、自分でも走らせてみたいらしいですよw! ほとんどホンダ車でしかレースしていないしね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
NISSAN GT-R NISMO GT3のエンジン

今回、道上さんとのコラボでドライバーと監督という立場でレースをすることになったのは、いまだに不思議な感じはするけれど、本当に面白いチーム体勢ですよね! 楽しみにしていてね!!

●BUSOU raffinee GT-Rが走った!

BUSOU Drago CORSE×井出有治
メカニックさんたちも百戦錬磨のスペシャリストばかり

もてぎのピット内で久しぶりに目にしたGT-R GT3は、なかなかにけたたましいアイドルサウンドを轟かせ、Drago CORSEロゴのウエアを着るメカニックさんたちが走行直前チェックを行っています。GT-Rはまだカラーリングが施されておらず、ブラックのカーボン素地剥き出しのその姿が、より一層凄みを漂わせていました。

やすの:今日のテストのポイントは?

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:海外耐久を1回だけ走ったマシンを全部バラし、オーバーホールして組み上がったばかりのコレを、今日は全部が問題なく動くか、まずはそのチェックが最優先ですね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
1発目の走行は柳田選手。エンジンが…かからない!?

1回目は柳田真孝選手が走行、なかなかエンジンがかからなかったりしたけど、それくらいは想定内。今のところ、深刻な問題はまったくないですね。

この後ボク、乗ってきますね!

●ファーストインプレッションは「いい感じ♪」

やすの:走りましたね!

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:各部のトラブルチェックは問題ないかな。エンジンのかかりの悪さもクリアになったし。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
順調にテストをこなしていくBUSOU raffinee GT-R

今回、タイヤが間に合わなくて、かなりコンパウンド的には余裕っていうか、固いというか、ロングライフ方向のものが2セットだけだったので、本格的にテストとして進めるのは岡山国際サーキットの合同テスト(3月12日-13日)から、かな?

やすの:ダンロップタイヤとGT-Rの相性はどんな感じなんですか?

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:同じGT-RのGAINERは、2021年もダンロップ履いて調子よかったので(シリーズ7位)、悪くはない感じっぽい? 岡山テストで、その時、初めてこのクルマのキャラがつかめるかな?

BUSOU Drago CORSE×井出有治
ガス給油は細心の注意で作業されます

やすの:今日のタイヤではそこまでのテストではない、と。

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:タイヤをちゃんと…というのはおかしいけど、岡山の合同テストではダンロップさんがそれなりのタイヤを用意してくれると思うので、そこからクルマのバランスなどは評価していったほうがいいね。

今回はあくまでもチェック走行、という意味合いが強いので。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
ブレーキパッドはエンドレス製。テストが重ねられていきます

やすの:ブレーキは念入りにテストしていましたね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:エンドレスさんが数種類のブレーキパッドを用意してくれていたので、メニューとして最低限のチェック、テストはできたと思います。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
マシンがコースへ出ていった直後は、お掃除。これも大事な作業のひとつ

とにかく、「クルマはタイヤが命!」だから。ソコをしっかり見ていかないと、あまりガチャガチャ(各部の調整)できないよね。

●あとはパズルを組み合わせるのみ by 井出有治

やすの:ところで、最新GT-R GT3は、やっぱりスゴイんですか?

BUSOU Drago CORSE×井出有治井出:昨年のスーパー耐久で乗ったマクラーレン720S GT3から、いきなりGT-R GT3に乗ったので…。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
リヤビューもカッコイイ♪

やすの:あ! 言いたいコトが何となく…分かっちゃったみたい! 重心のこと?

BUSOU Drago CORSE×井出有治
…熊?

井出:そうそうw! マクラーレンに初めて乗ったときのインプレッションで言った通り、この世のGT3の中で一番重心の低いのがマクラーレンで、トップクラスに重心が高い腰高マシンが、GT-R。まぁ、腰高No.1はベントレー・コンチネンタルGT3だけど(井出さんが2017-2018年にGT300で乗っていたマシン)。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
ちょっと無理矢理ですが、GT3と市販GT-Rのスペックを比較してみた

GT-Rは2018-SPECになったことで重心が下がったとはいっても、まだまだNo.2くらいに重心が高いほうのマシン。そのへんは分かっていたので、頭の中でちゃんと確認しながらテストに入っていったから違和感はなかったけどね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
柳田選手(左)と井出選手(右)。走行後のコミュニケーションでマシンを作り上げていきます

もちろん、2013年に乗ったGT-Rと比べれば全体的に重心が低くなって重量配分も良くなっていますよ。2013年のはフロントが重~い感じがあったけど、今回乗るマシンにはそういうのがないからね。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
メカニックさんたちの仕事も休み知らず

GT-Rは素性としてはいいクルマだと思うので、あとはタイヤとかいろんなもの…マシンを作り上げるっていうのはパズルなので、そこをうまく揃えられるようにしていきたいなと思います。

やすの:あと2回の公式テスト後、いよいよ4月16日(土)~17日(日)の開幕戦です。トップ、イケそうですか!?

BUSOU Drago CORSE×井出有治

BUSOU Drago CORSE×井出有治
開幕戦が楽しみです。その前に、岡山と富士の合同テストでしっかりマシンを仕上げないと!

井出:まぁ、いきなり開幕からパーン!といけるほどGT300は甘くはないからね。

かといって、道上さんがいて、伊与木さんがいて、スーパーフォーミュラでもスーパーGTでもしっかり仕事のできるメカニックさんたちが揃っている我がチームなので、呑気なことも言っていられない。慌てずしっかり、ひとつひとつ進めていければなと思います。

BUSOU Drago CORSE×井出有治
サービスカーもBUSOU仕様でカッコイイ!

「第2戦の富士はGT-Rにとっても相性は悪くないと思うけど、開幕戦の岡山はブレーキサーキットなので、JAFマシンのほうが有利かな…」と、最後、声低に語ってくれた井出有治さん。さて、どんな活躍が見られるのか!?

BUSOU Drago CORSE×井出有治
2022年、BUSOU Drago CORSEのBUSOU raffinee GT-Rに注目してください!

もちろん、クリッカーでは全戦追っかけていきますよ!

(文:永光 やすの/画像:松永 和浩、折原 弘之、永光 やすの)

【関連記事】

井出有治がGT-R GT3でスーパーGT復活! BUSOU金子×Drago CORSE道上×セントラル柳田との布陣は夢の競演【SUPER GT2022】
https://clicccar.com/2022/02/14/1161476/

BUSOU raffinee GT-Rにあの道上龍監督!?GT300に初参戦のBUSOUが選んだパートナーはDrago CORSE!【SUPER GT 2022】
https://clicccar.com/2022/03/09/1167481/

井出有治の2022年はBUSOU&セントラル20とコラボ!レース界にも大きなビックリが生まれる!かも!?【東京オートサロン2022】
https://clicccar.com/2022/01/29/1157690/

元F1レーサー・井出有治のスーパー耐久レース2021は「マクラーレン720S GT3」!強烈なダウンフォースが気持ちイイ!!
https://clicccar.com/2021/03/19/1068313/

このブレーキすげえ…2020GT-R・NISMOはトータルバランスにも優れたスーパーカーだった【井出有治・試乗・動画】
https://clicccar.com/2019/11/15/929504/

【関連リンク】

井出有治オフィシャルwebサイト
https://www.yuji-ide.com/

株式会社クレアーレ BUSOU-JAPAN DESIGN-
https://creare-busou.co.jp/

有限会社ドラゴ
https://www.facebook.com/DRAGO.CORSE/

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。