井出有治がGT-R GT3でスーパーGT復活! BUSOU金子×Drago CORSE道上×セントラル柳田との布陣は夢の競演【SUPER GT2022】

■井出有治、4年ぶりのS-GT参戦は、GT-R GT3でGT300へ

●BUSOUの新たな挑戦に賛同する井出有治、S-GTへ復活!

BUSOU Drago CORSE
日産系エアロパーツを手掛けるBUSOUの新たな挑戦です!

『ジャパンデザイン』をコンセプトに、すべてをオールジャパンで開発・製造、全国1100軒以上もの日産ディーラーで販売・装着でき、車検もすべてOK!という日産車用エアロパーツを展開しているクレオーレのブランド『BUSOU(ブソウ)』。

東京オートサロン2022のBUSOUブースにて、新型フェアレディZを「Zの柳田」ことセントラル・柳田春人さんとともに開発していくことが発表され話題となっています。

同時に、突如発表されたスーパーGT参戦に関し、その内容は「これ以上言えない…」とお茶に濁されていましたが、2022年2月14日、正式に発表されました。

そのチーム内容は、レース関係者もビックリ!?な布陣となりました。

【チーム概要】
チーム名:BUSOU Drago CORSE
マシン名:BUSOU raffinee GT-R
タイヤ:ダンロップ
チーム総監督:金子 哲也
チーム監督:道上 龍
ドライバー:柳田 真孝・井出 有治
チーフエンジニア:伊与木 仁
マシンメンテナンス:(株)4MINUTES

●井出有治のS-GT参戦は4年ぶり、パートナーの柳田真孝とは21年ぶりのコンビ!

元F1レーサーでクリッカーでは試乗ドライバーを務めてくれている井出有治さんは、BUSOU金子哲也代表とは、金子さんの父・IMPUL(インパル)金子豊さんとのレース活動を通じ、息子である哲也さんとは長年の友人だと、以前の東京オートサロン2022記事で明かしてくれていました。

その際、金子哲也さんがインパルから独立後、新会社を立ち上げ、新たに挑戦する『BUSOUモータースポーツプロジェクト』へのアドバイザー的な関係…ということまではクリッカーでも話してくれていました。

そして! やっぱりありました!! BUSOUのS-GT参戦概要『ドライバー:井出有治』の名が♪

井出さん、S-GTへは2017-2018のS-GT・GT300 ベントレー・コンチネンタルGT3以来、4年ぶりの参戦です。

ユニシアジェックス・シルビア
2001年、井出さんは柳田真孝選手と共に1年間、ユニシアジェックス・シルビアにてJGTC・GT300を戦った
2001年6月24日行われたセパン戦では優勝を飾った井出&柳田コンビ(ユニシアジェックス・シルビア)

また、コンビを組む柳田真孝選手とは、JGTC(現・S-GT)2001年ユニシアジェックス・シルビア(ハセミ・モータースポーツ)以来、21年ぶりのコンビです。

またまた、チーム監督の名前を見てビックリされた方も多いのではないでしょうか?

長年ホンダで参戦されてきた道上龍さんが、自身のチーム「Drago CORSE」とBUSOUとのコラボでGT-R GT3を走らせる! コレ、レースに詳しい方だと「え~~~(汗)」と思うのだそうです(私はそこらへんあまり詳しくない…涙)。

●BUSOU Drago CORSE、スーパーGT2022に新たな風を吹かせる!

以下、S-GTに初挑戦するBUSOU Drago CORSEからのリリースをお伝えします。

【チームからのメッセージ】

この度、BUSOU(株式会社クレアーレ 代表取締役 金子哲也 東京都調布市)は、Drago CORSE(有限会社ドラゴ 代表取締役 道上龍 神奈川県横浜市)との共同チームにより、2022年SUPER GTに「BUSOU Drago CORSE」として参戦する事を発表致します。
長年業界で培ったノウハウを持つ金子哲也と長年のレース経験を持つ道上龍がタッグを組み、数々の実績を持つ2人のドライバーを迎え、立ち上げ初年度より勝負ができる環境を整え挑む所存です。

BUSOU Drago CORSE
長年ホンダで戦ってきた道上龍さんが監督を務めGT-R GT3を走らせる(画像はDrago CORSEのフェイスブックより)

【道上 龍監督からのメッセージ】

今シーズン、BUSOU Drago CORSEの監督を務めさせていただくことになりました。ここに至るまで、BUSOU・金子代表には熱意あるお誘いをいただき大変感謝しています。GT-Rを駆りレースを戦うことはDrago CORSEにとって新しいチャレンジとなります。
素晴らしいドライバー2人と共にどんなシーズンとなるのか、とてもワクワクしています。このチームでモータースポーツ界がさらに盛り上がり、発展していくよう精一杯戦います。皆さま、熱い応援をよろしくお願いいたします。

柳田真孝選手
井出有治さんとコンビを組む柳田真孝選手

【柳田真孝選手からのメッセージ】

この新しいチーム体制の中、ドライバーとして走れることをとても嬉しく思います。久々のNISSAN車での参戦や2001年以来のコンビを組むことになる井出選手と早く実践のレースをするのが楽しみです。
個々が持っている沢山のレース経験を活かし、常の目標は高く持って、チーム全員で力を合わせて頑張ります。沢山の応援をよろしくお願い致します。

井出有治×金子哲也
BUSOUモータースポーツプロジェクトの第一弾、S-GTへの挑戦! 井出さんはS-GTへ3年ぶりの参戦です

【井出有治選手からのメッセージ】

この度、「BUSOU Drago CORSE」よりSUPER GT・GT300クラスへ参戦することになりました。長い付き合いでもある金子哲也総監督の思い描く“新しい挑戦”、『BUSOU MOTOR SPORT PROJECT』はとてもエキサイティングでそのサポートもさせてもらっています。
そのプロジェクトの最初となるSUPER GT参戦で、道上龍氏が監督として指揮することはとても頼りになる存在であり、必ず良いチームになると信じています。そして、チームメイトとなる柳田真孝選手とは2001年以来、21年振りのコンビとなります。
その時の“忘れ物”であるシリーズチャンピオンを目指してチーム一丸となり頑張ります。どうか応援の程を宜しくお願い致します。

金子哲也総監督
モータースポーツ参戦はBUSOU金子哲也さんにとって新たな挑戦のひとつ

【金子哲也総監督からのメッセージ】

たくさんの方の力を借りてここまで来ることができました事へ感謝しきれません。私がBUSOUを立ち上げた時からやると決めていたことがレース活動です。
SUPER GTには沢山のチームがある中で、BUSOU Drago CORSEが皆様の印象に残り、熱い応援してもらえるようなチームになるよう、仲間のみんなと頑張っていきたいと思っております。2022年シーズンの我々をぜひ注目して頂けますよう、お願い致します。


井出有治×GT-R NISMO
2019年11月に行われたGT-R NISMO試乗会で、井出有治さんにサーキットを全開してもらった

3月初旬にはシェイクダウンを行う予定だというBUSOU Drago CORSEのBUSOU raffinee GT-R。カラーリングなども、近日中には明らかになるでしょう。その時には井出有治さん、金子総監督などからクリッカー独占コメントなどをお届けしようと思います。

今年1年、ますますS-GT、そして井出有治選手から目が離せなくなりました!

(文・永光 やすの/画像:松永 和浩、AUTO SPORT誌)

【関連記事】

井出有治の2022年はBUSOU&セントラル20とコラボ!レース界にも大きなビックリが生まれる!かも!?【東京オートサロン2022】
https://clicccar.com/2022/01/29/1157690/

車検対応にこだわる日産車のスペシャリスト・BUSOU【東京オートサロン2022】
https://clicccar.com/2022/01/16/1153544/

このブレーキすげえ…2020GT-R・NISMOはトータルバランスにも優れたスーパーカーだった【井出有治・試乗・動画】
https://clicccar.com/2019/11/15/929504/

井出有治のスーパー耐久レース、ドライバーとしての2021ラストレースでシリーズ2位確定!第5戦鈴鹿は予選1位、決勝4位で表彰台乗れず
https://clicccar.com/2021/10/21/1126950/

いったい何が!?元F1レーサー井出有治が突如代表取締役を解任?新東京サーキットとの間で起きたことって何!?
https://clicccar.com/2021/09/18/1118050/

【関連リンク】

井出有治オフィシャルwebサイト
https://www.yuji-ide.com/

株式会社クレアーレ BUSOU-JAPAN DESIGN-
https://creare-busou.co.jp/

有限会社ドラゴ
https://www.facebook.com/DRAGO.CORSE/

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。