井出有治の2022年はBUSOU&セントラル20とコラボ!レース界にも大きなビックリが生まれる!かも!?【東京オートサロン2022】

■BUSOUエアロは、全国日産ディーラー1100軒以上に認められた確かな製品性が自慢

井出有治×金子哲也
20年以上の付き合いである、井出有治さん(左)と金子哲也さん(右)

元F1ドライバーでクリッカーテストドライバーの井出有治さんを東京オートサロン2022会場で探したら…あ、居たいた! 西ホール2、新型Zでワサワサしている日産自動車ブース向かいに構える「BUSOU(ブソウ)」ブースで、井出さんを発見しました。

●BUSOUがセントラル20とコラボし、NEWフェアレディZチューニングをスタート!

BUSOU×セントラル20
BUSOU×セントラル20で仕上げる新型フェアレディZのイメージ

このBUSOUブースでは東京オートサロン2022初日の1月14日(金)、セントラル20とのタッグで新型フェアレディZのトータルチューンをしていくことが発表されました。

BUSOU記者発表
BUSOUブースで行われた、セントラル20とのコラボ企画発表

セントラル20といえば、「元祖Zの柳田」春人さんと「弐代目Zの柳田」真孝さん親子のショップ。

アメリカ・ボンネビルで行われた世界最高速大会(1990年)にZ32で挑戦し、最高速354.656km/h、正式記録となる区間平均最高速329.075km/hという当時の最高速記録も樹立した、フェアレディZをはじめとした日産車チューンの老舗です。

そのセントラル20が今年から、話題のニューフェアレディZをBUSOUとコラボしてチューンをしていくということなのです。

●老舗大ブランドIMPULから独立、「金子豊ジュニア」が挑む新進エアロパーツメーカー、それが「BUSOU」

BUSOUは、今から3年半前、2019年に創業した新進エアロパーツメーカー。その代表・金子哲也さんは、あのIMPUL(インパル)の大番頭として活躍されていた金子豊さんの息子さんです。

BUSOUオーラNISMO
このオーラNISUMOは、純正NISMOエアロにプラスするカタチでBUSOUパーツを装着

23歳でIMPULに入社した金子哲也さんは、IMPULを退社後、「インポートカー系エアロをやろうかと思った時期もありましたけど、でも、結局は日産車しか分からなかったので、日産車を専門とするBUSOUを立ち上げました」とのこと。

創業当時は、日産系エアロパーツは、代名詞ともいえるIMPULという大きなブランドがあるため「絶対に無理だ」と言われていた時期もあったそうです。が、それでも「絶対に成功してやる!」との意気込みで、BUSOUをスタートさせたそうです。

BUSOUスカイライン400R
東京オートサロン2020・国際カスタムカーコンテスト、セダン部門優秀賞のBUSOUスカイライン400R

BUSOUは創業直後の東京オートサロン2020に初出展し、国際カスタムカーコンテスト・セダン部門で『BUSOU SKYLINE 400R』が優秀賞を受賞! 初出展で初受賞ということで話題になりました。

「ウチの自慢は、メーカー系エアロパーツを制作している工場で生産していること。それは、製品性に間違いがないということです。今では全国の日産ディーラー1100軒以上で取り扱いをしていただけて、車検OK、取り付けもディーラーでできるということが強みです」(金子)。

現在の取り扱い車種は、オーラNISMO、オーラ、アリア、キャラバン、ノート、キックス、セレナ、ルークス。今後は、日産から発売されるすべての車種のエアロパーツを手掛けていくとのこと。もちろん、東京オートサロン2022で話題を一気に集めた新型フェアレディZも、です。

BUSOUブース
BUSOUは武装ではなく、音の響きからくる造語、だそうです

「ウチは今までエアロパーツしかやってきませんでした。なので、新たな試みとして新型フェアレディZに関しては、エアロパーツはBUSOUで、そのほかチューニング系はセントラル20というタッグで、より魅力あるクルマに仕上げていきます!」(金子)。

これは楽しみでしかないですね!

●井出有治を兼アドバイザーに、BUSOUはレース活動を開始!

この、セントラル20とのコラボ企画発表と同時に、BUSOUは2022スーパー耐久レース・ST-3クラスにフェアレディZ(Z34/現行型)で参戦すること、そしてスーパーGTレース・GT300に参戦…という記者発表も行われました。

BUSOU金子哲也氏
インパル時代から慣れ親しんだレース界にも、BUSOUとして挑戦する金子哲也さん

2021年まで、近藤真彦さんのスーパーGT・KONDOレーシングへスポンサードをしていたBUSOU。が、「今ならできる!」と、参戦する側へ挑戦することに。

「スーパーGTに参戦するには、人脈や周りの協力が不可欠。井出有治さんがいなければ実現しなかったプロジェクトです」と、井出さんとの関係を教えてくれました。

●いつか一緒にレースを! それが実現する2022年

井出有治×金子豊
井出さんにとって哲也さんのお父さん、金子豊さんは、本当にお世話になった大恩人(一番右が金子豊さん)

「ボクがF3に乗っている頃、資金やらなんやらで悩んでいた時期に、たまたま親父の知り合いから紹介してもらったのが、てっちゃん(哲也さん)のお父さんである金子豊さん。そこから星野一義さんのカバン持ち(付き人)をさせてもらい、レースの勉強をさせてもらい、GT選手権やフォーミュラニッポンでIMPULのマシンに乗せてもらえ…。ボクのレース人生中、大恩人が金子豊さんなんです。

そんな中でてっちゃんと出会い…、もう20年以上だね」(井出)。

「ある日、私がスノボ行って帰ってきたら、知らないヤツが私の部屋で寝ているし、朝ごはんも食べている。誰だコイツ!?っていうのが、井出さんとの最初の出会い!」(金子)

井出有治×金子哲也
いつか一緒にレースを! いよいよ実現です!!

「IMPULで走っていた当時、展示用のデモカーを各サーキットに運ぶのもボクの仕事。自走で行くんだけど、帰りは東京につくと電車が無くて帰れないので、金子豊さんが『ウチ泊まっていけ』って。で、てっちゃんの部屋に泊まる。知らないヤツが自分のベッドで寝てたら、そりゃ驚くよね(笑)」(井出)。

「同じ歳で、なぜか気が合って、IMPULを辞めた後もずっと付き合いが続いています。2022年からスーパー耐久・ST-3にZ34(現行型)で参戦、スーパーGT・GT300にも挑戦します。今回のレース参戦プロジェクトも井出さんには最初から相談していたし、さっきも言ったように井出さんがいなければこのプロジェクトは実現していません。

レース体制については2月にならないとまだ言えないところがたくさんあって…! でも、井出さんのアドバイスのもと、ビックリするような体制で挑んでいきます。

ドライバー? GT300のマシン? それも…まだ言えなくてごめんなさい。

でも、ずっと、このプロジェクトが実現するときには…って井出さんと夢を語り合ってきたので!」(金子)

井出有治×金子哲也
井出有治×金子哲也で2022レース界に何が起こる!?

各チームが2022年体制を続々と発表している今、BUSOUレーシング(仮称?)がどんな体制でふたつのレースに挑むのか!? 正式発表までしばしオアズケ! もちろん、クリッカーでもご報告しますのでお楽しみに!!

(文・永光 やすの/画像:松永 和浩)

【関連記事】

車検対応にこだわる日産車のスペシャリスト・BUSOU【東京オートサロン2022】
https://clicccar.com/2022/01/16/1153544/

フェアレディZと星野一義と井出有治と…楽しく、誇りを持ちレースができたTEAM IMPUL(インパル)での思い出
https://clicccar.com/2020/12/17/1042778/

このブレーキすげえ…2020GT-R・NISMOはトータルバランスにも優れたスーパーカーだった【井出有治・試乗・動画】
https://clicccar.com/2019/11/15/929504/

P10プリメーラをブン回せば気分は星野一義!【井出有治のとにかく楽しかった珍&名車3選・その1】
https://clicccar.com/2019/05/14/812957/

井出有治のスーパー耐久レース、ドライバーとしての2021ラストレースでシリーズ2位確定!第5戦鈴鹿は予選1位、決勝4位で表彰台乗れず
https://clicccar.com/2021/10/21/1126950/

いったい何が!?元F1レーサー井出有治が突如代表取締役を解任?新東京サーキットとの間で起きたことって何!?
https://clicccar.com/2021/09/18/1118050/

【関連リンク】

井出有治オフィシャルwebサイト
https://www.yuji-ide.com/

株式会社クレアーレ BUSOU-JAPAN DESIGN-
https://creare-busou.co.jp/

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。