フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立

独VWが21日、EV用バッテリーの量産に向け、スウェーデンのノースボルト社と欧州バッテリー連合「EBU」を結成すると発表しました。

欧州では自動車メーカーにCO2排出量を2030年に21年比で37.5%削減する目標を義務付けており、VWは目標達成には更なるEVシフトが必要と判断。2030年までに世界販売の約4割をEV化する方針を明らかにしています。

「EBU」にはVW&ノースボルト社の主導のもと、7つのEU加盟国の企業や研究機関の参画が予想されており、2020年に開始する共同研究を通してバッテリーセルに関する幅広いノウハウを蓄積する模様。

研究はバッテリー生産に伴う全ての範囲に及び、研究で得られた成果はEBU内で共有する方針のようです。

【関連記事】

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
https://clicccar.com/2019/03/07/714580/

フォルクスワーゲンが2025年までに50車種を超えるEVを市場投入する!?
https://clicccar.com/2019/01/31/694610/

2018年の世界販売、VWがルノー・日産を抑えて3年連続首位なるか?
https://clicccar.com/2019/01/14/682686/

VWがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
https://clicccar.com/2019/01/10/680035/

VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
https://clicccar.com/2018/03/19/569547/

Avanti Yasunori・画像:フォルクスワーゲン)

【関連リンク】

独フォルクスワーゲン
http://www.volkswagenag.com/en.html

『フォルクスワーゲン』の最新記事

ワーゲンバスのキッチンカーでもらったバタープレッツェルがうますぎた【モーターファンフェスタ2019】
【週刊クルマのミライ】フォルクスワーゲンが市街地でレベル4自動運転の実験を開始。完全自動運転が近づいた!
【新車】フォルクスワーゲン up!の安全・快適装備充実させ、ポップに仕上げた「spice up!」が登場
独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
67年前に日本に初上陸したVW Type-1 ビートルと記念撮影できる! カメラ見本市CP+で展示中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事