フォルクスワーゲンが2025年までに50車種を超えるEVを市場投入する!?

●EVの新車ラッシュで今後のEV戦線を勝ち抜きを狙うフォルクスワーゲン

昨年の世界販売台数が過去最高となる1,083万台を記録した独フォルクスワーゲン。

同社は先頃、今後の電動化に向け5年間で約3.8兆円に上る投資計画を発表。「VWをeモビリティーのナンバーワンにする」としてEV時代への布石を打つヘルベルト・ディース社長は、それでも投資が足りないとの危機感を抱いているそうです。

中国企業やスタートアップによるEV開発競争が加速するなか、同社は米テネシー州にEV工場建設を決定。

昨年6月に提携した米フォードとは、小型商用車の相互供給に加え、EVや自動運転での協業を模索しているようで、両社による世界販売は1,700万台を超える規模に。

今年末には、ドイツ東部のツウィッカウ工場で満充電時に550km走行可能なEV「I.D.」の量産を予定しており、日経新聞によると2025年までにVWが市場投入を予定しているEVは50車種を超える模様。

同社はディース氏の号令のもと、EVメーカーとしての道を突き進むとみられ、本年を起点としたEVの新車ラッシュで今後のEV戦線を勝ち抜く考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:フォルクスワーゲン)

【関連記事】

2018年の世界販売、VWがルノー・日産を抑えて3年連続首位なるか?
https://clicccar.com/2019/01/14/682686/

VWがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
https://clicccar.com/2019/01/10/680035/

VWがEV化で今後数年間に独工場の従業員約7,000人を削減。その理由とは?
https://clicccar.com/2018/12/24/672712/

VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
https://clicccar.com/2018/03/19/569547/

フォルクスワーゲンが2020年に「MEB」搭載の新型EVを投入!
https://clicccar.com/2016/10/08/404829/

『フォルクスワーゲン』の最新記事

ワーゲンバスのキッチンカーでもらったバタープレッツェルがうますぎた【モーターファンフェスタ2019】
【週刊クルマのミライ】フォルクスワーゲンが市街地でレベル4自動運転の実験を開始。完全自動運転が近づいた!
【新車】フォルクスワーゲン up!の安全・快適装備充実させ、ポップに仕上げた「spice up!」が登場
フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事