【新車】さらなる高効率化と高性能化を実現したメルセデス・ベンツEクラス「E 200」「E 300」が登場

【「BSG」と「48V電気システム」を搭載したEクラスの追加モデルが登場!】

メルセデス・ベンツは、Eクラスのセダンとステーションワゴンに、高効率化と高性能化のための新技術である 「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」が搭載された「E 200 アバンギャルド」と「E 200 アバンギャルド スポーツ」、高い最高出力と最大トルクを誇る新エンジンを搭載した「E 300 アバンギャルド スポーツ」を設定。2019年3月22日より注文受付を開始しました。

すでに、ビッグマイナーチェンジを受けたCクラスにも搭載されている「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」の組み合わせにより、効率性、快適性、高性能化を同時に実現したとしています。

エンジンは1.5Lの直列4気筒ターボエンジンの「M264」で、184PS(135kW) /280Nmを発生。ツインスクロールシステムが採用されたほか、可変バルブタイミングを可能にする「CAMTRONIC」も搭載されていて、状況に応じた最適な吸気を実現。

ベルトを介してクランクシャフトと接続される「BSG」は、スターターとジェネレーターを兼ねていて、48V電気システムは回生ブレーキなどにより発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電するものです。これにより、振動の少ないエンジン始動と滑らかで力強い加速、素早いギヤシフトなどの必要に応じて最大トルク160Nmの動力補助が行われ、燃費低減効果だけでなく、パワートレインの総合性能を引き上げます。

ハイパワー版の「E 300 アバンギャルド スポーツ」には、E 200と同じ「M264」でも、2.0Lとなる直列4気筒エンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーと可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」が採用され、低回転から高回転まで伸びやかな加速を可能にしています。従来の「E 250」と比べると、最高出力は47PS(35kW)向上し、258PS (190kW)に到達。最大トルクも20Nm向上して370Nmとなり、低回転から高回転まで伸びやかな加速を実現。

セダンの価格は、「E 200 アバンギャルド (BSG 搭載モデル)」が7,210,000円、「E 200 4MATIC アバンギャルド (BSG 搭載モデル)」が7,440,000円。「E 300 アバンギャルド スポーツ」は8,550,000円です。

ワゴンの「E 200 ステーションワゴン アバンギャルド (BSG 搭載モデル)」は7,590,000円、「E 200 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド
(BSG 搭載モデル)」が7,820,000円。「E 300 ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」が8,930,000円です。

(塚田勝弘)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

メルセデス・ベンツのピュアEV「EQC」が日本上陸。近未来感とワイド感を強調した外観と先進性あふれる内装が魅力
「メルセデス・ベンツ」ブランド初の電気自動車「EQC」は、航続距離400km、価格は10,800,000円〜
【新車】5台限定! 「メルセデス・ベンツ C 200 Sports designo Limited +」が登場
【新車】ベース車よりも価格を抑えたメルセデス・ベンツ SLCの「Final Edition」が発売
ガソリンエンジン仕様よりも落ち着いた乗り味と力強い加速が魅力【新型メルセデス・ベンツA200d試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事