来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】

●自動車レースの歴史からパリ・ダカの魅力へ

【1979年に始まったパリ・ダカールラリー】

皆さん、こんにちは。ご紹介いただいた菅原義正です。今日はよろしくお願いいたします。

私はパリ・ダカール・ラリーを始めて30数年が経つのですが、まず、パリ・ダカールがどんなものかご存知ない人も多いので、ちょっと昔に戻ってパリ・ダカールってどんなものかご説明させてください。

1979年なのでいまからほぼ40年前ですが、フランスの首都パリからセネガルの首都ダカールまで、自動車やバイクで走ろうという競技を、ティエリー・サビーネという人が考えました。この後は端折っていいますが、8年目に主催者のティエリー本人がヘリコプターの事故で競技中に亡くなってしまい、そのあとには、テロに巻き込まれたり、アフリカのほうで問題が起きたりします。

2008年には、我々はポルトガルに集結して、リスボンからダカールまで行こうという競技だったんですけど、あまりにもテロがひどすぎるということでこの年は中止になりました。それで2009年から場所を南米に移して、以降は南米で開催されることになりました。

【世界初の自動車レースはパリ・ボルドーの公道競技】

今年、自動車レースで一番のニュースだったのは、トヨタさんが、日本人の乗った日本のクルマでル・マン24時間に優勝しました。またWRC(世界ラリー選手権)で、こちらもトヨタさんが優勝しています。現在では、こういうふうにいろんな自動車レースがあるんですけれども、ここで、世界最初の自動車レースがどんなふうにできたのかということをお話ししたいと思います。

カンニングペーパーをいっぱい作ってきたんですけど、お待たせしてすみません(笑)。ある新聞に書かれていたのですが、いまから123年前に、世界初の自動車レースが始まりました。1895年6月11日。パリからスタートしてボルドーまでを往復をしようというのが、今から123年前に初めて行われた自動車競技といわれております。

この競技に参加するために、23台のクルマが凱旋門に集まったそうです。そこから朝10時頃ゆっくりスタートしてヴェルサイユに向かいました。それでヴェルサイユ宮殿からスタートして、というのもパリの街ですと町の中が混んでますので、空いているヴェルサイユから競技が始まったと書かれています。

『クルマ塾』の最新記事

【クルマ塾】プリウスPHVは理想のドライブカー! 横田紀一郎氏の破天荒な西アフリカの旅とは?
やっぱりスバルって最高! 東京・恵比寿のスバル本社で第3回「クルマ塾」が開講。
R32 GT-Rは2.4L 2WDだった!? 知られざる逸話満載の開発者トークライブ【クルマ塾2018・日産編 その1】
お蔵入りトークが炸裂! 伝説のスカイライン開発者の激白がたっぷり堪能できる限定イベント開催【クルマ塾2018】
トヨタもスズキも作っていたロータリーエンジン、もしも実用化していたら?【マツダのレジェンドに学ぶ・第6回】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事