お蔵入りトークが炸裂! 伝説のスカイライン開発者の激白がたっぷり堪能できる限定イベント開催【クルマ塾2018】

前回のマツダ編に続いて、第2弾となる「クルマ塾」が5月17日に開催されました。

往年のスター開発者やそのメーカーにゆかりのレジェンドを招き、モノづくりの深き知見を語っていただくことで、凡百のトークショーにはないエクスペリエンスが得られる「クルマ塾」。OBと現役を含めた自動車メディア関係者が発起した団体ですが、この2回目にして人気は定着した様子です。今回も多くのお客さんでにぎわっていました。

今回の講師陣も超豪華です。スカイラインフリークならその名前には大きなリスペクトを抱いているはずのお二方、伊藤修令さんと渡邉衡三さんです。加えて、日本のレース界の草創期から現在まで第一線を続けていらっしゃる、髙橋国光さん。

そして、モータージャーナリスト界のレジェンドである山口京一さん、米村太刀夫さんと清水和夫さん、そして紅一点のモデレーター役をつとめた竹岡圭さん、という豪華なメンバーです。こんな皆さんのトークが、無料で聞くことができるのです。

 

想像できるとおり、これだけの豪華な皆さんの縦横無人なトーク定められた3時間でとうてい収まるとは思えないのですが、会場の都合上それも致し方なく、そのかわり密度の濃いトークショーになりました。

伊藤さんと渡邉さんからは「R31からR32へは、どうしてあそこまで振り幅の大きいモデルチェンジになったのか」「BNR32の構想初期の排気量は2.6リッターではなかった」、そして「アテーサE-TSではなくビスカス4WDで進められていた」といった、これまで解禁されてこなかった秘蔵エピソードに満ちていました。

開発ドライバーを務めた清水和夫さんからは、ニュルのテストでの背筋が凍るようなエピソードなどなど……くわしい模様は、動画レポートにてお伝えします。

(Kaizee)

【関連動画】

クルマ塾 講演1 R32スカイラインGT-Rの開発 伊藤 修令氏
https://youtu.be/uj97VexDtE8

クルマ塾 講演2 901活動とスカイラインへの織り込み 渡邉 衡三氏
https://youtu.be/RwynRQ8N-nI

クルマ塾 講演3「ボクのレース人生」高橋 国光氏
https://youtu.be/pQE-44aLqa8

クルマ塾トークタイム・伊藤 修令氏、渡邉 衡三氏、清水和夫氏:司会はジャーナリストの米村 太刀夫氏・竹岡 圭氏
https://youtu.be/wOKvd0L-A7A

『クルマ塾』の最新記事
来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】
【クルマ塾】プリウスPHVは理想のドライブカー! 横田紀一郎氏の破天荒な西アフリカの旅とは?
やっぱりスバルって最高! 東京・恵比寿のスバル本社で第3回「クルマ塾」が開講。
R32 GT-Rは2.4L 2WDだった!? 知られざる逸話満載の開発者トークライブ【クルマ塾2018・日産編 その1】
トヨタもスズキも作っていたロータリーエンジン、もしも実用化していたら?【マツダのレジェンドに学ぶ・第6回】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事