トヨタが後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を発売開始。第1弾としてプリウス、アクア向けで55,080円

ペダル踏み間違い事故の報道が増える中、標準もしくはオプション装着でペダル踏み間違い時加速抑制機能の採用が進んでいます。

トヨタによると、近年、駐車場での高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増加。また、ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多いそうです。

そんな中、トヨタは販売店装着の純正用品として、現在の愛車に装着可能な「踏み間違い加速抑制システム」を12月5日に発売しました。

第1弾として用意されるのは、販売台数が多いプリウスとアクア。対象車種は、プリウスが2009年5月18日〜2015年12月8日に販売されたモデル(G’s、ウェルキャブ全車は対象外)。アクアが2011年12月26日〜2018年4月2日に販売されたモデル(G’s、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車は対象外)。

今後、対象車種を広げていくとしています。

同システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起。

それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまうと加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献します。後退時は、障害物を検知していない状態でも約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速が抑制されます。

踏み間違い加速抑制システム(本体、付属部品など)の価格は、55,080円(税込み)となっています。重大な事故にもなりかねないペダル踏み間違い事故ですから、ぜひとも装着したい後付けシステムといえます。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタ自動車が提供する「バーチャルな移動」で活躍するヒューマノイドロボット「T-HR3」とは?【 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
遠隔地を自由に動き回る!? バーチャル体験が可能なロボット「T-TR1」【東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
トヨタの「もの作り」技術で作られた自律走行型投てき競技サポートロボット【東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
来場者を「おもてなし」するマスコットロボットが実現する、トヨタの「移動」【 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
【新車】トヨタ・コースターがマイナーチェンジ。 ディーゼルエンジン仕様に尿素SCRシステムを搭載し、エコカー減税の対象に
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事