トヨタもスズキも作っていたロータリーエンジン、もしも実用化していたら?【マツダのレジェンドに学ぶ・第6回】

ここで閑話休題。山口京一さんによる、ロータリーエンジン開発初期の頃のお話をはさみます。

ダイムラーベンツも開発を進めていたロータリーエンジンですが、SLに搭載する予定もあったそうです。

1973年には「C111」と呼ばれていた実験車に試乗する機会があったそうで、そのフィーリングはただただスムーズだったそう。そんな貴重な試作車に日本人として乗れたことも凄いですが、45年も前に乗った車両のインプレをリマインドできる能力に感服です。

当時はGMもロータリー開発に積極的だったようですが、燃費面の問題から経営会議でNGが出たとのこと。もしベンツ、GMが実用化していたとしたら、どんな未来になっていたのでしょうか。

その後NSUはアウディへと吸収され、以降はアウディブランドとしてロータリー開発は進みます。じつは現在でもA1のレンジエクステンダーにはロータリーエンジンが使われていたこともあったそうで、その火は途絶えていないのです。

トヨタもマツダ10Aロータリーに似たエンジンを開発しており、これは産業技術記念館に展示もされていました。スズキも500ccの1ローターエンジンを作っていました。そのほか、船外機メーカーでも採用されていた時代もあったそうです。

「生き字引」というレベルをはるかに超えた山口京一さんの知識と経験値。メーカーとジャーナリストがたがいにリスペクトしながら共存していた時代が、現在から見るととても新鮮に映ります。

【動画はこちら】

https://www.youtube.com/watch?v=LNFLeRMABOw

(Kaizee)

『クルマ塾』の最新記事
来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】
【クルマ塾】プリウスPHVは理想のドライブカー! 横田紀一郎氏の破天荒な西アフリカの旅とは?
やっぱりスバルって最高! 東京・恵比寿のスバル本社で第3回「クルマ塾」が開講。
R32 GT-Rは2.4L 2WDだった!? 知られざる逸話満載の開発者トークライブ【クルマ塾2018・日産編 その1】
お蔵入りトークが炸裂! 伝説のスカイライン開発者の激白がたっぷり堪能できる限定イベント開催【クルマ塾2018】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事