【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

そんな数々のステージから生み出されたパーツは数知れず。TD05、06、T78、88など、タービンだけをみても、このRXにより開発されてきたのがよく分かるのです。

ここには書ききれないほどのテスト&トライで酷使されたGReddy RXの偉い(?)ところは、ボディには一切、補強などの手を加えずにストリート仕様で挑んでいたことです。0-300km/hでも最高速でも、ボディの軽量化や補強などを施していればもっと良い記録が出せたかもしれませんが、ソコはトラストの「ストリート上等!」ポリシーの元、やらなかったのだと聞いていました。

そんなところが私自身、強く印象に残っており、今年の東京オートサロンで見かけた「RX」の名前にときめきを覚え、瞬時に飛びついたのでした。34 RXにはまだ、32RXのような「オーラ」は感じられませんでしたが、今後の34RXの、開発車両としての活躍に大いに期待しています!

Play Back the OPTION Spin off】by永光やすの

【関連リンク】(取材協力)

(株)トラスト
http://www.trust-power.com/

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事