【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?

YouTube再生回数5億回以上! 過激なドリフトパフォーマンスを記録した「ジムカーナ」シリーズで世界的に有名なケン・ブロックが、「東京オートサロン2018」にやってきました。

ケン・ブロックが日本のファンの前に登場したのは、2013年「KEN BLOCK’s TOKYO EXPERIENCE」、2014年「KEN BLOCK’s Nagoya Experience」以来となる4年振り3回目。もちろん、オートサロンでは初めてのこと。

屋外イベント会場では毎日デモランが行われ、ケン・ブロックの神業を一目見ようとたくさんの人が集まりました。

  

「バリバリバリバリ!」という爆音とともにスタートしたフォードフィエスタは、狭い柵の中にスピードを緩めることなく侵入しマシンをクルクルと回転させたり、クルマとは思えない動きの連発で見ているこちらが目が回ってしまうほど! いつもYouTubeで見ていたマシンが目の前を走っている……感動のあまり、取材中ということを忘れてしまいそうになりました。

デモランの時間は約30分。その間にタイヤを変えながら何度も何度も走行してくれたのですが、最後の走行時に目を見張るような光景が目の前に広がりました。

なんと、コースの真ん中にカメラマンが立っているではありませんか! そしてケン・ブロックがもの凄い勢いでカメラマンに接近したその瞬間、カメラマンを軸にドーナツターンを始めたのです!!

カメラマンもギリギリまでマシンに近づいて撮影し、最後はカメラマンもマシンもタイヤスモークに覆われ、外からは何も見えない状態に。二人の絶対的な信頼関係がないとできないこの技には、本当にビックリさせられました。

 

そんなケン・ブロッグの神業を動画に収めましたので、ぜひその目でお確かめください。一度見たら脳裏に焼き付いて、頭から離れなくなりますよ!