【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

サーキットでは、1993年6月号で間瀬サーキットにて、市販のTD05-16Gツインターボ仕様、1.6kg/cm2、620ps/1万rpmのパワー、パワーバンドは6000〜8000rpmという超クロスされたGREX6速MTで全コーナーをパワースライドで駆け、当時のコースレコード1分5秒76を記録! サーキットでの本来のGT-Rの姿を見せつけたのです。

そして! 1994年4月号、OPT名物の0-300km/hテスト(0スタートから300km/hに到達するまでのタイムを計測)では、当時開発中だったTD06L2-20Gツインターボ仕様で驚異の記録を残しました。ブースト圧2.0kg/cm2、840ps/1万1500rpmのパワーはすさまじく、コントロールするのは至難の業。GREX6速MTは3速でもタイヤのスキール音が止まらず、記録はそれまでのトップタイムを1.68秒縮める24.68秒。最高速はその後、330.275km/hを記録。谷田部のテストコースでは限界かと思われる速さだったのです。

その後、全国のサーキットを転戦して行われた「ザ・プロフェッショナル・タイム☆バウト!」では、ギャラリーが見守る中、テスト無しの一発勝負で好タイムを叩き出す姿は、今のサーキットアタックの原点を作ったとも言えるトライでした。

『東京オートサロン2018』の最新記事
セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事