【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この34RXですが、「RX」という名が付けられているということは、パーツ開発車両だという意味を持っています。しかしなぜ今、新たにBNR34用のパーツ開発がされるのか? パーツはもうすでに各種出揃っているのでは?とも感じます。

BNR32発売から30年近く、BNR34でさえ発売から20年近く経っています。しかしRB26 GT-Rのチューニングはいまだに日進月歩、BNR34は最後のRB26エンジン搭載車として現役真っ最中です。

トラストで今、なぜBNR34用パーツ開発がされるのか? それは、トラストの考える今後のGT-Rチューンは、カリッカリの最高速・ゼロヨン記録狙いとはまた別に、今後もずっと長期にわたり乗れるような、そんなパーツ開発を進めていくのだそう。そのために1999年式のBNR34を購入し、新たな路線での開発が進められるということです。RB26 GT-Rオーナーにとって、これは心強い流れです。

ちなみに「GReddy」というのは、トラストのブランド名。GREAT(偉大な)なEDDY(渦巻き)という意味を持っているだけあり、タービンやそれに関係する補器類(インタークーラー、パイピング、ブーストコントローラー等)がGReddyブランドとなります(昔は、足まわりやブレーキ関係は「GREX」、エアロ関係は「GRACER」と使い分けがされていましたが、今は「GReddy」の名が多く使われているようですね)。

『東京オートサロン2018』の最新記事
セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事