【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点。マツダ・ユーノス500

個性あふれる80〜90年代のネオ・クラシックな日本車から、グッドデザインなクルマを振り返る新シリーズ。第1回の今回は、絶好調のマツダデザインの原点となるセダンに太鼓判です!

ユーノスは、バブル期にマツダが展開した5チャンネル体制の中でも、とくに流麗かつ高級な車種を揃えたブランド。もちろん、スーパースターはロードスターですが、セダンやハッチバックにも秀作が少なくありませんでした。

なかでも1992年登場の500は、グッドルッキングなセダンとして玄人筋にもウケた名車です。

フロントは、繊細な縦桟のグリルが上品さを醸し出し、ヘッドランプと相似形のフォグランプにも気品が漂います。抑揚のあるボンネットから続くサイドボディは、余計なラインがなく面の上質さで勝負。

繊細なラインのサイドウインドウはエレガントさを演出し、下がり気味の短いリアは、大型のランプによってボディ後端をしっかり引き締めます。さらに「ハイレフコート」と呼ばれる専用開発の4コート塗装がボディに深みを与えました。

この記事の著者

すぎもと たかよし

すぎもと たかよし 近影
東京都下の某大学に勤務する「サラリーマン自動車ライター」。大学では美術科で日本画を専攻、クルマも最初から興味を持ったのは中身よりもとにかくデザイン。自動車メディアではデザインの記事が少ない、じゃあ自分で書いてしまおうと、いつの間にかライターに。現役サラリーマンとして、ユーザー目線のニュートラルな視点が身上。「デザインは好き嫌いの前に質の問題がある」がモットー。空いた時間は社会人バンドでドラムを叩き、そして美味しい珈琲を探して旅に。愛車は真っ赤ないすゞFFジェミニ・イルムシャー。