【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点。マツダ・ユーノス500

インテリアも同一のテーマで貫かれ、ダッシュボードの流麗さやサテライトスイッチ類の先進感は、現在の視点で見ても群を抜いた作り込みです。

デザインは荒川健氏をチーフに、後にルノーに移籍した岡崎純氏、コンセプトカーの「KOERU」とまとめた小泉巌氏と、当時の若手実力派が腕を振るったといいます。

いわば、クーペ調セダンの先駆けのボディは、あのジョルジョット・ジウジアーロに「コンパクトクラスでもっとも美しいセダン」と評されました。この流麗なボディは何と5ナンバーサイズ!

当時のマツダは「ときめきのデザイン」を掲げており、ユーノス500はある意味そのコンセプトをもっとも忠実に表現していたと言えます。マツダが誇る高いモデリングの実力は、すでにこのとき確立していたのです。

 

5チャンネルは解体しましたが、ユーノス500の精神は後の会心作である初代アテンザに引き継がれます。つまり、いまをときめく魂動デザインの原点とも言えるのです。

●主要諸元 ユーノス500 20F

形式:E-CAEPE
全長:4545mm×全幅1695mm×全高1350mm
車両重量:1230kg(4AT)
ホイールベース:2610mm
エンジン:1995cc V型6気筒DOHC 24バルブ
出力:160ps/6500rpm・18.3kg-m/5500rpm

(すぎもとたかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

プジョー205イメージ
スタイル、走りが定番となった欧州コンパクトハッチ「プジョー 205」【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
前衛的ボディを現代的なスタイルに変身させた個性派ハッチバック「シトロエン BX」 【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
現代の2CVを標榜したイタリアンベーシック「フィアット パンダ(初代)」【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
日米デザイナーの熱意がマツダを変えた! レジェンドが語る初代ロードスターのデザイン開発秘話【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事