雪対策!そのままではワイパーが立てられないコンシールドワイパーの立て方

■雪の日はワイパーを立てて対策をしよう

●外から隠れたコンシールドワイパー

雪対策をしようと思って、いざワイパーを立てようと思っても、ワイパーが立てられないクルマがあります。ワイパーを持ち上げようとしても、ボンネットの後端部分にワイパーが引っかかる構造になっている、コンシールドワイパーと呼ばれるタイプです。

コンシールドワイパーなどそのままではワイパーを立てておけない車種もあります 車種もあります
コンシールドワイパーなどそのままではワイパーを立てておけない車種もあります
車種もあります

コンシールドワイパーは、見た目にスタイリッシュなだけでなく、高速走行時などに風切り音の低減や、空気抵抗軽減による燃費の向上なども期待できる、主に高級車などに採用される仕組みと言えます。

しかし、ボンネット後端に隠れたワイパーはそのままでは立てておくことができません。雪の対策としてワイパーを立てておき、フロントウインドシールドへのワイパーの貼り付きによる破損等を防ぎたくなるものです。

トヨタではこのような車種の「ワイパーの立て方」を動画で解説しています。

方法は2種類。

ひとつは手動でワイパーを引き出すもの。車両の外から手でワイパーを引き出し、そこでワイパーを立てるというもの。

もうひとつはワイパースイッチによるもの。

イグニッションスイッチをOFFにした後、45秒以内にワイパースイッチを上方へ2秒以上持ち上げるとワイパーが出てきて止まります。

雪対策だけでなく、ワイパーブレードの交換や、ウインドウを綺麗にしたいときにも役立ちそうですね。

●豪雪では立てないほうがいい場合も

ここでは代表例としてトヨタ・クラウンの最近の車種の場合を紹介していましたが、同じトヨタでもやり方が違うもの、できないものもあるそうです。各車種、各メーカーのマニュアルや指示通りに操作を行ってくださいね。

また、豪雪の場合は、積もった雪の重さでワイパーが折れる場合がありますのでワイパーを立てないでください。

雪道のドライブは最新の注意を払って行って下さいね。

(小林 和久)

【関連リンク】

トヨタ自動車・よくあるご質問・ワイパーを立てる方法を教えてください。(フルコンシールドワイパー用)https://faq.toyota.jp/faq/show/249?site_domain=default

【関連記事】

  • 雪の日に駐車するときはワイパーを立てたほうがいい?立てないほうがいい場合は?【クルマ豆知識/2022年版】
    https://clicccar.com/2022/01/04/552900/
  • 雪が多い今シーズンの高速道路は簡単に通行止めになる可能性大!立ち往生しても生き残れる知識、満タン&満充電、排ガス中毒に注意!
    https://clicccar.com/2021/12/27/1147316/
  • 【オールシーズンタイヤ読者モニター3名募集】「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディ」愛車装着&体験レポート募集開始!
    https://clicccar.com/2021/12/27/1144932/