【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判】in オートモビル カウンシル2018(スバル・日産編)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズの番外編。8月3日より5日まで幕張メッセで開催された「オートモビル カウンシル2018」から国産車ブースを取り上げます。最終回の3回目はスバルと日産ブースです。

新型フォレスターの発表から間もないスバルは「SUBARU SUVの進化と系譜」をテーマとし、初代レオーネ登場の経緯をメインに企画しました。この中で、ネオ・クラシック太鼓判としては2台を取り上げます。

1993年発表の2代目レガシィは、メルセデス・ベンツで活躍したオリビエ・ブーレイ氏が参加。薄型のランプと台形グリルというシンプルな構成ながら繊細な個性を表現。たった1本のキャラクターラインが面質を上げるサイドボディもまた繊細で、若干荒削りだった初代をエレガントに変身させました。

ワゴンは初代のプロポーションを踏襲しましたが、やはり横長のリアランプを持つセダンは独自のまとまりを獲得。また、後に追加された写真のグランドワゴンでは大型のバンパーやサイドモールが与えられましたが、ベースのエレガントさを失わなかったのが見識でした。

1997年登場の初代フォレスターは、乗用車とSUVのそれぞれの機能を高次元で融合させるコンセプトです。大型のフロントランプとグリルを持った厚みのあるボディはSUV的ですが、ここに載るキャビンはレガシィを想起させるワゴン的な造形で独特のスタイルを獲得。

シンプルな面のサイドボディにはブリスターフェンダーが与えられ、SUVの力感もしっかり表現。また、先のレガシィグランドワゴン同様、シルバーとのツートンカラー仕様では上級イメージを与えました。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

日米デザイナーの熱意がマツダを変えた! レジェンドが語る初代ロードスターのデザイン開発秘話【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
トールボーイが話題となりワンダーシビックに繋がった、ホンダの新世代デザインは「初代シティ」から始まった!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
ソアラ、スープラ、マークII、MR2、セルシオ、カリーナED…80年代トヨタ車のチャレンジデザイン!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
感性豊かな中高生の才能を引き出せ! カーデザインコンテストが世界をリードする一流デザイナーを育てる
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事