【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第3回・野心的スタイルと高性能が融合。三菱・ギャラン(6代目)

80〜90年代のネオ・クラシックな日本車から、グッドデザインなクルマを振り返るシリーズ。第3回目は、野心的スタイルと高性能が融合したミドルセダンに太鼓判です。

Σ(シグマ)を名乗った先代までのモデルは、嫌みのないスタイルを持っていたものの、コロナなどライバルと勝負するには印象が薄い傾向がありました。1987年に登場した、6代目はサブネームを外し、「インディビデュアル4ドア」のコピーのもと、一転して超個性的スタイルとなりました。

デザインテーマは「オーガニック・フォルム」。5ナンバーサイズの中で力強さを表現するべく、実に印象的なS字断面のボディを打ち出しました。ボディの中と外、両面から力を加えたかのような「張り」は、厚みのあるパネルを想起させます。

全高1440ミリと居住性を確保した大きなキャビンも、太く力強いピラーで囲まれ、安心感を演出。加えて、ほぼ垂直のフロントグリルやS字を反復したリアパネルがボディに強い凝縮感を加えます。また、2リッター系のボディプレートに施された5本のラインは、S字断面がボンヤリしないよう巧妙なアクセントに。

この記事の著者

すぎもと たかよし

すぎもと たかよし 近影
東京都下の某大学に勤務する「サラリーマン自動車ライター」。大学では美術科で日本画を専攻、クルマも最初から興味を持ったのは中身よりもとにかくデザイン。自動車メディアではデザインの記事が少ない、じゃあ自分で書いてしまおうと、いつの間にかライターに。現役サラリーマンとして、ユーザー目線のニュートラルな視点が身上。「デザインは好き嫌いの前に質の問題がある」がモットー。空いた時間は社会人バンドでドラムを叩き、そして美味しい珈琲を探して旅に。愛車は真っ赤ないすゞFFジェミニ・イルムシャー。