「あんな危ないテストは、国さんに頼むしかなかったからね 」OPTION誌最高速テストでDai(稲田大二郎)がお詫び?【高橋国光さんを偲んで】

■1981年OPTION創刊当時の最高速テストドライバーは国さんだった!

●「高橋国光さんお別れの会」にてDaiちゃんこと稲田大二郎が謝罪!?

高橋国光×Dai稲田
国さんのお別れの会にはたくさんの方が献花に足を運んだ

2022年3月16日、闘病の末、82歳で逝去された日本中のファンに愛されたレジェンドドライバー・国さんこと高橋国光さん(※正確には「高」ははしごだか、「国」は旧字体)。

11月21日(月)に東京・ウェスティンホテル東京で行われた「お別れの会」には、レース業界のみならず、自動車業界、メディア、またファンの方々が、哀悼と感謝の気持ちを伝えるため足を運びました。

その中に…あ、いた! DaiちゃんことOPTION誌宗祖!?w、稲田大二郎さん。

高橋国光×Dai稲田
1981年創刊のOPTION誌。谷田部最高速テストに国さんは欠かせない存在だった

国さんとDaiちゃんといったら、やはり一番先に頭に浮かぶのが、OPTION誌創刊当時、1981~82年の谷田部・最高速テスト。

Daiちゃんにプチインタビューしたら、やはり、でした。

●昔馴染みの国さんに、OPTION誌の最高速テストドライバーを依頼

高橋国光×Dai稲田
Daiちゃんこと稲田大二郎さんも会場に駆け付けた

一番の思い出って言ったら、やっぱりOPTION誌の最高速テストのことだよね。

オレはOPTION誌創刊前、オートスポーツ誌に在籍していた時代から、国さんには何度も取材をさせてもらった。

だけど、なんたって一番お世話になったのは、OPTION誌のチューニングカーによる谷田部最高速テストだよね。

高橋国光×Dai稲田
最高速テストでは、国さんの冷静な判断とドライビングテクニックに頼りっぱなし

日本自動車研究所・高速周回路、通称:谷田部(やたべ)。このテストコースで繰り広げられていたチューニングカーによる最高速計測テスト。

当時のチューニングカーなんていったら、ボディもヤワヤワだし、タイヤ規格だって速度域に合ってなんかいない。しかし、チューニングカーのパワーは今思うと大した数字には見えないけど、当時としては出てたからね。

そんなクルマで、一度も乗ったことのないクルマで、谷田部のバンクを全開で走ってくれ!って言ったんだから。

高橋国光×Dai稲田
第1回最高速テストではタイヤバーストも。その時のドライバーは国さん

バーストしちゃったこともあるし、強風で2車線分くらい吹っ飛ぶことだってあった。

国さんにはホント、危ない思いをさせちゃって申し訳なかった!

高橋国光×Dai稲田
OPTION誌歴史の1ページは、日本初の300km/hオーバー、光永パンテーラの記録が輝いている。ドライバーはもちろん、国さん

国さんの奥様にも散々叱られましたよ。「私の国さんを殺す気?(怒)」って。

まぁさ、国さん! どうせボクももうすぐだから、向こうでまた一緒に遊びましょう!

●クリッカーにも「国さん×オプション最高速テスト」記事あり〼

時間の関係で、現場ではDaiちゃんからの思い出話はあまり聞けませんでしたが、クリッカーでは過去、国さんがテストドライブしたOPTION最高速テストストーリーとしてバックナンバー紹介をしています。

高橋国光×Dai稲田
OPTION1982年3月号

その中で、一番のトピックは、やはり、1981年11月17日に記録された、日本初の300km/hオーバーマシン「光永パンテーラ/307.69km/h」でしょう。

・国さん、ありがとう!国内初300km/hオーバー・光永パンテーラのドライバーは高橋国光さんだった【OPTION誌創刊当時より】

・最高速で日本初のオーバー300km/h! 最強伝説となった深紅のパンテーラ

また、1981年8月16日の第1回最高速テストで、トラスト大川・トランザムのタイヤバーストが思い起こされます。

・最高速テストでタイヤバースト! 高橋国光ドライブで冷や汗ものの谷田部高速周回路

高橋国光×Dai稲田
最高速テストではミーティングもしっかり行う

1982年11月25日、第11回最高速計測テスト…この時は国さんはドライバーではありませんでしたが、筑波おろしの強風の中、あまりの危険な状況からテストドライバー(北野元氏)が「命を捨てるようなことはできない」と帰ってしまったことから、Daiちゃんが『しかたなく』テストドライバーに就任した…というストーリーも。

・最高速テストドライバー「稲田大二郎」が誕生した日【OPTION1983年2月号・その1】

・最高速テストドライバー・Dai稲田が誕生した日。トップタイムはウエスト・コルベット285.71km/h【OPTION1983年2月号より・その2】

・1982年の最高速テスト、国産1・2位はRE雨宮、RSヤマモトの二大巨匠!【OPTION1983年2月号・その3】

・「谷田部で最高速に挑戦」の意味とは? ポルシェ、トランザム、コルベット……外車軍団も筑波おろしに泣いた日【OPTION1983年2月号・その4】

・最高速の聖地・谷田部最高速 1982年年末の陣はポルシェにZにスカRS! その5【OPTION1983年2月号より】

・1982年末谷田部・最高速に挑戦! エ…あのマシンがリタイア!?【OPTION1983年2月号 その6】

高橋国光×Dai稲田
北野元さんは、あまりの危なさに…帰った

当時の危なっかしいチューニングカーテストで、もし、全開走行中にトラブルがあった際、冷静な判断とそれに対応できるドライビングテクニックが必要だったからこそ、国さん他、レーシングドライバーにテストドライバーを依頼していました。

当時を知ってる方もそうでない方も、OPTION&Daiちゃんが、国さんにどれだけ凄いテストを依頼していたのか。また、そんなテストを引き受けてくれた国さんには、ホントに感謝しかありません。そんな時代のOPTION…読んでみてくださいね。

(語り:Dai(稲田 大二郎)/文:永光 やすの/画像:OPTION誌、永光 やすの)

【関連記事】

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。