1982年の最高速テスト、国産1・2位はRE雨宮、RSヤマモトの二大巨匠!【OPTION1983年2月号・その3】

最高速テストドライバー・Daiちゃんが誕生した、1982年締めくくりの最高速テストで、全体の1番タイムを記録したのは、【その2】で紹介したアメ車代表のウエスト・コルベット285.71km/h

では国産は!?ってことで、今回の【その3】では、国産1位(トータル2位)のRE雨宮RX-7と、2位(トータル3位)のRSヤマモトZ、そして5位(トータル6位)のSS久保ソアラをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

激しいヨーイングでこれ以上踏めず、実力的には300km/hだが、風に負けた

RE雨宮RX-7・13Bツインターボ 278.52km/h

ツインターボのロータリーパワーは、強烈の一語。3速、4速と7000rpm以上アッという間に回り、加速力もすさまじい。スタート前に5速の加速に時間がかかるので、長く引っ張ってくれと言われたが、風のためバンク内での安定性に欠けていた。

リヤサスペンションのスプリングも、ちょっと固すぎるね。飛び跳ねるんだ。パワー的には余裕があるけど、バンクで跳ねるから5500rpm以上回せない。ストレートに出てもヨーイングが激しく、7100rpmまで引っ張るのが精一杯だった。

チャージ圧は0.9kg/cm2。リヤのおさまりが弱いようだったので、スポイラーを大きくしたほうがいいと思う。それにしても、実力的には290から300km/hを狙えるポテンシャルなのは確かだ。エンジンに異常はなかったし、条件が悪かったのが残念だ(津々見友彦)。

RE雨宮自動車・雨宮勇美

リヤサスが固かったのは、バンクのGに耐えるよう、ハヤシ8段調整式を1番固くしたからだと思うね。このエンジンは、288km/h出した時と同じなので、今回はギヤ比を上げて好記録を狙ったんですヨ。7500rpmは回るはずだったけどね。

[エンジン]ユニット:13B/ポート:サイドポート/キャブレター:ウェーバー48φ/マニホールド:トラスト・タコ足/チャンバー:シグマ/タービン:K26×2/ウエイストゲート:シグマBタイプ/インタークーラー:HKS空冷
[サスペンション]Fコイル:ノーマルカット/Fショック:オリジナル加工/Rコイル:ノーマルカット/Rショック:ハヤシ8段/ブレーキ:フェロードパッド
[タイヤ]F:P7 205/55VR16/R:P7 205/50VR16
[ギヤ比]トップ:0.791/ファイナル:3.700

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事