星野一義も国さんに憧れレーサーの道へ。そして2輪から4輪への道筋を作ってくれたのが国さん!【高橋国光さんを偲んで】

■高橋さんには、ただただ感謝、感謝、感謝! by星野一義

●元祖日本一速い男・星野一義から、日本一のスーパーレジェンドレーサー・国さんへ

高橋国光
国さんお別れの会には、かつて戦ったライバルたちも多数、献花に訪れました

2022年3月16日、82歳でお亡くなりになったレジェンドレーシングドライバー・高橋国光さん(※正確には「高」ははしごだか、「国」は旧字体)。

国さんを偲ぶ「お別れの会」が行われた11月21日(月)(東京・ウェスティンホテル東京)には、かつて同じステージで戦いライバルだった往年のレーサーの方たちも多数、献花にかけつけました。

高橋国光VS.星野一義
フォーミュラ、GT、GC、JTCC…数々のステージでライバルだった高橋国光さんと星野一義さん

元祖日本一速い男・星野一義さんも、そのおひとりです。

1970年代~90年代はドライバー同士として、その後は同じステージを戦うチーム監督同士として、それはそれは語り尽くせないほどの物語があることでしょう。


●まずは怒られ…!

高橋国光日産ワークス時代
お別れの会会場に飾られた、国さん・日産ワークス時代の思い出の数々

高橋さん(※星野さんは「国さん」とは呼ばず、常に『高橋さん』とおっしゃっていました)との一番の思い出は、1970年に日産ワークスドライバーになって一番最初のテストの時だよね。

星野一義
星野さん、1970年筑波のレースにて

その日、夕方5時にテストが終わり、先輩の北野元さんや都平健二さんはじめ、みんな早々と着替えていたのよ。だからボクも着替えちゃっていいかな!?

と思ったら、国さんだけが15分ほど延長してテストを続けているんだよね。確かクルマはターボ・バイオレットだったと思う。

星野一義
星野さん、若手時代

だからさ、「先輩がまだ走っているのに、一番若造のオマエが着替えるなんてなんてことだ!」って怒られたのが、最初の思い出だね。

●2輪ライダーで活躍する高橋さんに憧れて、ボクもこの道へ

国さん世界GPへ
世界GPで国さんが乗ったHONDA RC162もお別れの会会場に飾られていました

ご存じのように、高橋さんは2輪ライダーから始まって4輪ドライバーへと転向していったんだよね。

その2輪時代、1958年にレースデビューした高橋さんはその後、日本から海外へと戦いのステージを移した。

国さん世界GPへ
世界GPの日本人初優勝が国さん!

そして1961年、ホンダのワークスライダーとして挑んだ西ドイツGP(※当時)で高橋さんが250ccクラスで優勝! 日本人が海外のグランプリレースで勝ったのは、もちろん初めて。その活躍を観たことから、ボクは高橋さんに憧れてこの世界に入ったんだよ。

国さん世界GPへ
1961年西ドイツGPで初優勝の国さん

あのGPレースを観ていなかったら、ボクは東大を卒業して今頃は政治家になっていたんじゃないかな(笑)!

そう、高橋さんの活躍を観ちゃったおかげで、今はボクもレーサー!

●2輪ライダーから4輪レーサーへの道筋を作ってくれたのが国さん

高橋国光VS.星野一義
国さんお別れの会に献花に駆け付けた星野一義さん

高橋さんは、日本のモータースポーツの元祖だよね。ボクも高橋さんと同じく、元々はオートバイ上り。2輪ライダーから4輪のプロレーサーへの道筋を作ってくれたのが高橋さんなんだよ。

そういう流れを作ってくれて、ボクのところにも、日産車に乗ったこともないのに「ちょっと乗ってみて!」って。それで、ボクも日産とのワークス契約ができた。

オートバイの人は、タイヤの本数が2本から4本に増えただけで、すぐその場で速い…ということを、高橋さんや北野さんが先陣を切り、そのコースを全部作ってくれた。そういう意味でも、すごい感謝している。

感謝、感謝、感謝!

星野一義
星野さん、1975年、FJ1300筑波にて。4輪レーサーへの道筋を国さんは示してくれた

国さんは82歳までレースの世界ができて、マシンとレースにずっと触れ合って、戦ってきた。

ボクはF3000を1996年で、GTを2002年に引退。今はマシンとの戦いから、人間との戦いになっているけど、本当は一番イヤな仕事なんだよね。

だけど、国さんは80歳超えてもマン&マシンと戦う人生に関係してこれたんだからね。

ボクはもう本当、高橋さんは憧れた人だから。高橋さんこそ本当のスーパースターだよね。お疲れ様でした。


今のレーシングドライバーが憧れた星野一義さん、その星野さんが憧れ、背中を追った高橋国光さん。短い時間でしたが星野さんからお話を伺えて、なんだかとってもジーンときてしまいました。

(語り:星野 一義/文:永光 やすの/画像:AUTOSPORT誌、Racing on誌、永光 やすの)

【関連記事】

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。