北海道から東京まで1100km。ボルボ・XC60のディーゼルに惚れました!

「40」「60」「90」というボルボの3本柱の中でも、とりわけ重要な中核モデルが60シリーズ。その60シリーズの先陣を切って、昨年フルモデルチェンジしたのが、SUVのXC60です。

今回はそのXC60の中で唯一、市場投入が先送りされていたディーゼルモデル「D4」の試乗会に参加し、北海道〜東京というロングドライブで出来栄えを試してきました!

走りだす前にちょっとXC60のおさらいから。

XC60は、これまでに世界累計100万台超を売り上げたというボルボのベストセラーSUV。現行モデルは2009年に登場した初代を継ぐ2代目で、プラットフォームやパワートレーンなどの全面刷新という変革から生まれた新世代のボルボです。

 

日本仕様は過給機の組み合わせが異なる2種類のガソリンエンジンに、システム出力405psという激速ハイブリッドモデル、そして今回試乗したターボディーゼルという4つのパワートレーンをラインナップ。

注目すべきは、搭載エンジンがどれも2リッター4気筒だということですが、これは莫大なコストのかかるパワートレーンの開発を効率化し、同時に動力性能や環境性能とも両立させようというボルボの理念「Drive-E」に基づくもの。ちなみに駆動方式も、すべてAWD(全輪駆動)となっています。

『ボルボ』の最新記事

【新車】ボルボ・V60のPHVモデル「T6 Twin Engine AWD」に、659万円のベースグレード「Momentum」を追加
【新車】ボルボ・V60クロスカントリーが一部改良。「360°ビューカメラ」の標準化など安全装備を強化
ボルボXC90「D5」は、ターボに圧縮エアを送り出し発進時から力強い加速を実現
【ボルボXC90・新ディーゼル登場】圧縮エアーで過給を早めるスゴ技と北欧ならではの気配り
【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事