レンジローバー イヴォーク新型が走った!これが新開発直4ハイブリッドか

ランドローバーの大ヒットクロスオーバーSUV、「レンジローバー イヴォーク」次期型プロトタイプが、ニュルに姿を見せました。

新型は、プラットフォームに「D8」アーキテクチャの最新バージョンが採用され、「ヴェラール」の意匠を継承するフロントデザインが予想されています。ホイールベースが約20mm延長される他、全幅、ラゲッジスペースなどの拡大が見込まれています。実用性重視にシフトするため、3ドアモデルは廃止される可能性高いようです。

予想されるパワートレインは、最高出力148ps、178ps、そして237psの3バージョンが用意される2リットル直列4気筒インジニウム・ディーゼルターボエンジン、最高出力245ps、296psの2バージョンの2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップし、ZF製9速ATと組み合わされます。今回のテストは、新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジンと電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステム搭載モデルではないかとレポートされていますが、コーナーの立ち上がりや直線では、力強い走りが見られ、開発の順調さを物語っています。

ワールドプレミアは、早ければ2018年内、遅れれば2019年春ごろと思われる。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事