渾身のスーパーハイトワゴン、スズキ・スペーシアで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.15】

自らハンドルを握って、ぶらぶらとドライブするのが趣味という、タレントのかえひろみさん。真性クルマ好き女子が、女子力アップのために、次の愛車候補をチェック中!

ラジオパーソナリティをしながら、グラビアアイドルとしても活動している「かえひろみ」です。昨年はAT限定を解除して念願だったマニュアル車も運転できるようになったし、さらにクルマに関する知識を深めるために「あの資格」を取っちゃいました!

その資格とは…「くるまマイスター検定」です。今回初めて受験するのでとりあえず3級に挑戦。出題内容はクルマに関する歴史や国内外メーカー、メカニズムの基礎知識など。かえ的には歴史が結構難しかったかなぁ。でも、無事合格できたので、次は2級に挑戦します!

さて、今回の「女子力アップ!」は2号続けてスズキ祭り! XBEE(クロスビー)と同時開催された、新型スペーシア/スペーシアカスタムの試乗会に参加しました。

ライバルのNボックスやタントと同じ「スーパーハイト系」ですが、タントのミラクルオープンドアや、フルモデルチェンジされたばかりのNボックスに比べると、先代は存在感がいま一つ。そこで、新型スペーシアはパッケージングを煮詰めて、安全装備を充実させました。

スペーシアのデザインは「ワクワク」がテーマ。試乗車は「ツールグリーンパールメタリックブラック2トーンルーフ」で、2トーンルーフ車のみに付いているルーフレールがアウトドアっぽい雰囲気を醸します。

ボディカラーはモノトーン系が10色、2トーン4色の全14色。かえ的には試乗車のツールグリーンパールメタリックの光沢に上質感があって気に入りました。

新型スペーシアのデザインは「家族や仲間とたくさんの思い出を作ってほしい…」という願いが込められていて、旅のアイテムを詰め込むスーツケースをモチーフにしているそうです。ボディ側面の凹凸は「ビード」、四隅のタイヤは「キャスター」をイメージ。スーパーハイト系は機能一辺倒の「四角い箱」的なフォルムになりがちですが、スペーシアはデザイナーの「遊び心」がスマートに表現されていて、「友達とドライブやキャンプに行ったら楽しそうだなぁ」などと想像が膨らみます。

内装色は「ハイブリッドG」がブラックのみ、「ハイブリッドX」はブラックに加えて明るい雰囲気のベージュも選べます(かえ的にはこちらが好みかな)。

車内でも「スーツケース」のモチーフを発見。インパネアッパーボックスのフタにもビード調の凹凸が付いていて、ドア開閉グリップもスーツケースの取っ手のようなフォルムで、細部までデザイナーの「こだわり」を感じますね。

価格はハイブリッドGが133万3800円〜、両側パワースライドドアが標準装備されるハイブリッドXが146万8800円〜(ともに2WD)。4WDは各車12万960円アップになります。

『かえちゃんのクルマ選び』の最新記事

「ワゴンとSUVのいいとこ取り」したスズキ・クロスビーで、女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.14】
激戦区で鍛え抜かれたスズキ・スイフトで、女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.13・後編】
激戦区で鍛え抜かれたスズキ・スイフトで、女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.13・前編】
フルTNGAセダン・トヨタ カムリで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.12・後編】
フルTNGAセダン・トヨタ カムリで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.12・前編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事