【日産オールラインアップ雪上試乗】EVは寒さに弱い!? けど、新型リーフは雪と氷に強いと断言できるワケは?

自動車媒体関係者にとってこの時期、恒例となった「日産オールラインアップ雪上試乗会」が今年も開催されました。

この試乗会はマイナス10℃以上の寒さにより氷上がカチコチに凍った長野県北佐久郡女神湖や、雪が積もった周辺の道路で、リーフ、ノートe-power、ジューク、はたまたGT-R など日産車が雪上&氷上でどのような走行性を発揮するのか確認するのが目的の試乗会です。

氷上走行でも走る楽しさを味わえるGT-R、氷上&雪上でのコントロールや安定した走りが際立っていたインテリジェント4×4システムと搭載したエクストレイル、など滑りやすい路面で日産車が持つ高い走行性能に感心しましたが、それら以上に感心…いや、驚いたのがリーフの氷上・雪上性能。


先代モデルから雪上性能の良さをメーカー自体がアピールしていましたが、e-Pedal(イーペダル)を搭載した新型リーフの走りは雪上で際だっていました。

『日産・リーフ』の最新記事

日産・リーフe+が新型リーフの大本命といえる理由とは?【新型リーフe+試乗記】
日産・リーフがEV史上初の販売台数40万台を達成
【日産リーフe+ 公道試乗】バッテリー&パワーをアップし、標準モデルを大きくしのぐ加速力を得たe+
【日産リーフe+試乗】航続距離を伸ばしパワフルになっても室内空間を犠牲にしなかったリーフの大容量バージョン
【日産・リーフe+】史上最強の「リーフ」登場。ブルーのリップスポイラーが「最強の証」!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事