【東京オートサロン2018】日産セレナ・オーテックのウインドウが真っ黒なワケは?

昨年、新たなブランドとして発表されたオーテック。日産車ベースの市販純正カスタマイズとしてNISMOはピュアスポーツ、オーテックはプレミアムスポーツとして両輪となるべく発足しました。

その第一号として発表されたのがセレナ・オーテック。セレナ・ニスモはモーターショーで公開されましたが、セレナ・オーテックは一般に広く公開するのはこの東京オートサロン2018が事実上の初お披露目の場……のハズです。

そう、「ハズ」と曰く付きような表現になってしまったのは、展示されているセレナ・オーテックはウインドウがフルブラックアウト。内装は公開されていない状態での展示なのです。

実はこのワケは、展示されているセレナ・オーテックがe-Powerをベースであるからなのです。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事