【東京オートサロン2018】日産セレナ・オーテックのウインドウが真っ黒なワケは?

昨年、新たなブランドとして発表されたオーテック。日産車ベースの市販純正カスタマイズとしてNISMOはピュアスポーツ、オーテックはプレミアムスポーツとして両輪となるべく発足しました。

その第一号として発表されたのがセレナ・オーテック。セレナ・ニスモはモーターショーで公開されましたが、セレナ・オーテックは一般に広く公開するのはこの東京オートサロン2018が事実上の初お披露目の場……のハズです。

そう、「ハズ」と曰く付きような表現になってしまったのは、展示されているセレナ・オーテックはウインドウがフルブラックアウト。内装は公開されていない状態での展示なのです。

実はこのワケは、展示されているセレナ・オーテックがe-Powerをベースであるからなのです。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事