【東京オートサロン2018】日産セレナ・オーテックのウインドウが真っ黒なワケは?

ノートに追加して、販売台数も大きく稼ぐこととなったe-Power。第2弾はセレナであり、その発表は今年度内ということですから3月までには登場するでしょう。つまり、未発売のセレナe-Powerであるため、外装は見せても内装はまだ内緒!というわけなのです。

しかし、さりげなく未発表のクルマをベースにしてあるあたり、オートサロンを見に来た人を喜ばせようという心意気も感じます。3月までにはe-Powerとオーテックが同じくらいのタイミングで追加されることとなりそうです。

その他に、初お披露目なのはエクストレイル・オーテック、ノート・オーテックも展示されています。

湘南の海を感じさせるオーテック・ブルーのボディカラーで統一され、一粒一粒こだわってデザインされたドットデザインのフロントグリルが共通しています。

こちらにもぜひ注目してください。

(clicccar編集長 小林 和久)

 

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事