【東京オートサロン2018】新車の34GT−Rは3200万円! R90CKは1億3700万円! ニッポンの宝が大挙出品された日本初の稀少車オークション、落札価格は?

今回のオートサロンで初開催したにもかかわらず盛況のうちに終了した「東京オートサロン・オークション with BH Auction」。欧米のビンテージカーに負けない、日本ならではの価値観を根づかせるという崇高な目標のもと立ち上がったオークションですが、展示16台中、13台がみごと落札。大団円となりました。


どちらかというと個人売買や、クローズドの環境で行われきたビンテージカーのオークションですが、今回はショーアップされた場で売り買いできるという初めての試み。なにより感じたのはギャラリーの熱でした。「どんな値段がつくのか?」と興味シンシンで見守るお客さんのほか、初回は「様子見」としてエントリーを見送った風のお客さんもちらほら。

ただのショーに終わらない工夫も随所にあります。三井住友銀行グループともタッグ、売り手・買い手双方の信用を担保する代金決済サービス「エスクロー」を導入するなど、オークションの信用性・透明性向上に向けての取組みがなされています。また、秘密保持の観点から落札者情報がシークレットなのもビッダー(入札者)にとってはうれしいところ。チェックゲートもしっかりしているようで、基準を満たさないとの理由で当日になって出展をとりやめた車両もありました。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事