【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第20回・絶妙のポジションを獲得した軽快セダン&ワゴン。スバル・インプレッサ(初代)

一方、前後ガラスを1枚に見せるサイドウインドウは、伝統のサッシュレスドアを生かす手法。さらに、スポーツワゴンでは白鳥の羽のように美しいカーブを描くリアピラーがエレガントさを演出します。

インテリアも骨太感がテーマ。インパネ、シートとも一体成形を多用することで連続感を持たせ、高い機能性も感じさせます。

デザインチームはカタマリ感を重視して、ボディをフォルムで語りたいとしました。この姿勢と、ハードトップ・ショートワゴンという軽快な要素との融合が、独自の世界観を生み出したようです。

カローラやサニーの上、コロナ、ブルーバードより下という絶妙のポジションは、単に販売的なリサーチから生まれたのではなく、造形の本質をおさえたデザインの力でもあるのです。

●主要諸元 スバル インプレッサ ハードトップセダン 1.8HX Edition-s(5MT)
形式 E-GC6
全長4350mm×全幅1690mm×全高1450mm
車両重量 1160kg
ホイールベース 2520mm
エンジン 1820cc 水平対向4気筒SOHC16バルブ
出力 115ps/6000rpm 15.7kg-m/4500rpm

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事