【東京モーターショー2017】「全固体電池」がゲームチェンジャーに! 電動化に積極的なトヨタが「乗って楽しいEV」の実現を約束!

10月25日、東京モーターショー2017のトヨタプレスブリーフィングにおいて登壇したのは豊田章男社長でなく、ディディエ・ルロワ副社長。同社のEV開発状況を明らかにしました。

トヨタではEVの量産に向け、航続距離を飛躍的に伸ばすための「全固体電池」の開発を積極的に進めているそうで、200人を超える技術者と共に開発を加速させており、既に同バッテリーの特許出願件数で世界トップの状況にあるそうです。

「全固体電池」は、現行のEVに使用されているリチウムイオン電池の倍以上の容量が有り、充電時間についても大幅に短縮できるのが特徴。

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事