【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

10月28日(土)から11月5日(日)までの9日間に渡って一般公開された東京モーターショー2017。今回のショーでは、MAZDAが出展した2台のコンセプトカーが来場者から多くの注目を集めました。

その一台が深化した魂動デザインを採用、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」や、次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture」など、同社の最新技術を投入した商品の先駆けとなるコンパクト・ハッチバックモデル「MAZDA 魁(カイ)CONCEPT」。

次期「アクセラ」と予想される同モデルは、パフォーマンスフィールや乗り心地、静粛性など、全方位で洗練されたダイナミクス性能に加え、ボディサイドの繊細な光の動きがもたらす生命感あふれるフォルムが特徴となっています。

同社のブランドカラー「ソウルレッド」の進化版となる艶やかなボディカラーを纏っており、ロングノーズ・ショートデッキのスタイリングと太目のCピラーの組合わせにより塊感を強調。

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017 】ドライバーたちはレースか女の話しかしない!? フォーミュラEチャンピオン ディ・グラッシ選手単独インタビュー
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事