【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si

東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナー氏に速攻インタビューを試みました。第8回は番外編として、いすゞ FD-Siを取り上げます。

── これは2トン積み配送トラックの提案とのことですが、まずはデザインのテーマから教えてください。

「造形的にはバイオミメティクス(生物模倣)です。自然界の形態には必ず理由がありますが、たとえばカーゴボックスに施した蜂の巣の六角形は、スペース効率のよさと強度の確保があります。また、配送員が持つ荷物も六角形だと持ちやすいし、重さも感じにくいという発想も含めています」

── ボディ全体は2重構造になっていますね

「白のアウターシェルは強度部材になっていて、ブルーのインナーシャルであるカーゴボックスを吊っているイメージです。これからの素材の進化も見越し、アウターシェルはシームレスとした。これは軽量化も目的なんです」

── アウターもインナーも非常にプレーンな造形です

「プレーンでクリーン、シンプルですね。これは自然に街の風景にとけ込む存在でありたいのと、もともといすゞの造形テーマでもあるんです」

── フロントは、U字型のフロントランプがしっかりボディにとけ込んでいます

「このクルマは今後の3Dプリンターの発展を意識した造形で、フロント部分も同じです。ただ、実際にはここまで落とし込むのに非常に苦労しましたね」

── では、このトラックは今後のいすゞのデザインの方向性を示していると考えてもよいでしょうか?

「今回は、枠にとらわれない自由な発想で、いかに将来の物流を快適にできるかのトライです。そのため、デザイン部が真剣に遊びつつ妄想を全開にし(笑)、次のステップに移るための跳躍力を付けたいということです」

── 本日はありがとうございました。

(語る人)
いすゞ自動車株式会社
デザインセンター プロダクト第1グループ
グループリーダー 林啓史 氏

(インタビュー:すぎもと たかよし)

【関連記事】

【東京モーターショー2017コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

第1回「トヨタ Tj CRUISER」
https://clicccar.com/2017/10/26/524603/

第2回「ダイハツ COMPAGNO」
https://clicccar.com/2017/10/27/525146/

第3回「三菱 e-EVOLUTION CONCEPT」
https://clicccar.com/2017/10/29/525927/

第4回「日産 IMx」
https://clicccar.com/2017/10/31/526432/

第5回「マツダ VISION COUPE」
https://clicccar.com/2017/11/01/526769/

第6回「スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」
https://clicccar.com/2017/11/03/527694/

第7回「ホンダ Urban EV Concept」
https://clicccar.com/2017/11/05/528333/

第8回「スズキ スペーシア コンセプト」
https://clicccar.com/2017/11/06/528637/

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017 】ドライバーたちはレースか女の話しかしない!? フォーミュラEチャンピオン ディ・グラッシ選手単独インタビュー
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事