【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第4回・SUVの本質的な個性を表現。トヨタ・RAV4(初代)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第4回は、現在のブームを予見するかのような斬新なスタイルで登場した、コンパクトSUVに太鼓判です。

バブル初期の1989年、東京モーターショーに出品されたRAVーFour。「ネオ・アーバン4WD」をテーマとする、このコンセプトカーの評判を受けて開発されたのが、1994年発表のRAV4です。

いちばんの特徴は、バギーから発想したという大きくウェーブするベルトライン。このユニークなカーブは張り出した前後フェンダーとうまく融合しており、決して唐突な表現にはなっていません。

下半身の大きな樹脂プロテクターは四駆としての機能を考慮したものですが、同時に、ボディにいい意味でのカジュアルさを与えていて、このクルマの基本的な性格を確固たるものとしています。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第34回・欧州高性能車に挑んだスーパー・グラン・ツーリスモ。トヨタ・ソアラ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第33回・非日常をパフォーマンスする。トヨタ セラ
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第32回・「低く、長く、幅広く」を疑え! ホンダ シティ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第31回・ロー&ワイドの新世代エアロセダン。ホンダ アコード(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第30回・虚飾を廃した合理的3ナンバーセダン。 日産 マキシマ(3代目)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事