【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第4回・SUVの本質的な個性を表現。トヨタ・RAV4(初代)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第4回は、現在のブームを予見するかのような斬新なスタイルで登場した、コンパクトSUVに太鼓判です。

バブル初期の1989年、東京モーターショーに出品されたRAVーFour。「ネオ・アーバン4WD」をテーマとする、このコンセプトカーの評判を受けて開発されたのが、1994年発表のRAV4です。

いちばんの特徴は、バギーから発想したという大きくウェーブするベルトライン。このユニークなカーブは張り出した前後フェンダーとうまく融合しており、決して唐突な表現にはなっていません。

下半身の大きな樹脂プロテクターは四駆としての機能を考慮したものですが、同時に、ボディにいい意味でのカジュアルさを与えていて、このクルマの基本的な性格を確固たるものとしています。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事