FCVのキャンピングカーなら電源問題が解消!300系ハイエースがベースの燃料電池キッチンカーはトヨタ×トイファクトリーのコラボ【ジャパンキャンピングカーショー2022】

■トイファクトリーにより、すでに実走行しているキッチンカー

バンコンを中心としたキャンピングカー・ビルダーとして知られているトイファクトリー。ジャパンキャンピングカーショー2022でも圧倒的な人気を誇る多くのバンコンを出展していました。

トイファクトリー キッチンカー
トイファクトリーの燃料電池キッチンカー

同ブースの中央に展示されていたのは、世界初と思われるFCV燃料電池車)のキャンピングカー。同モデルは、2021年7月にトイファクトリーが、トヨタとの共同開発モデルとして発表済みです。

トイファクトリー 燃料電池キッチンカー
ホンダの「Power Exporter 9000」を使い、FCシステムから電気を取り出して使用

トヨタは燃料電池システムを外販し、コストを下げる戦略を掲げています。

このトイファクトリーのFCVのキャンピングカーは、オーストラリア向けのH300系ハイエースがベース。MIRAIの燃料電池システムを積むキッチンカー(バンコン)で、すでに全国を走らせた実績があるのだそうです。

なお、MIRAIの航続距離はWLTCモードで19インチタイヤ装着車は約850km、20インチ車は約750kmというカタログ値になっています。トヨタと共同開発されたトイファクトリーの同FCVは、キャンパーの架装部分も含めると重量は3t級になるのでは? とのことで、航続可能は2/3〜半分程度のようです。

トイファクトリー 燃料電池キッチンカー
キッチンカーの内部

キャンピングカーの永遠の課題であり、いまだに悩みどころは家電を動かす電源にあります。走行充電システムやリチウムイオンバッテリーなどのサブバッテリー、ソーラーパネル、外部充電などいくつもあります。走行充電システムとソーラーパネルの同時充電は、昔からNGという(最近は克服したシステムもある)課題もありました。

トイファクトリー 燃料電池キッチンカー
キッチンカーのキッチンまわり

FCVのキャンピングカー(今回はキッチンカー)はFCシステムから電源供給することで、家と同じように冷凍/冷蔵庫、電子レンジ、IH調理器などを設置・使用できます。

さらに災害時などでは、冷凍食品などを活用することで、緊急時でも質の高い料理を提供できるとしています。もちろん、スマホなどの充電も可能で、冷暖房の提供や災害本部とのサテライト拠点を担う存在として期待されます。

トイファクトリー 燃料電池キッチンカー
MIRAIと同じようにボンネット内に外部給電口がある

同ショーでは、このFCキャンピングカーの反応を探る意味も含めて参考出品されています。

もし、キャンピングカーとして市販化されれば、MIRAIの710万円〜という価格から察してもその倍はしても不思議ではなさそうです。しかし、同キャンピングカーショーで、1000万円、2000万円級のキャンピングカーが成約済みという札を掲げている展示車もあり、ニーズもありそうです。

トイファクトリー 燃料電池キッチンカー
水だけを排出する

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。