フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントは、走りから車内、荷室の広さ、快適装備までほぼパーフェクトといえる仕上がり

■1.0Lと1.5Lエンジンの体感上の差は?

8代目となる新型フォルクスワーゲンゴルフに続き、以前お伝えしたように、ステーションワゴン版である新型ゴルフヴァリアントが2021年7月28日に発売されました。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
写真は「eTSI R-Line」で1.5L直列4気筒ガソリンターボを積む

約8年ぶりのフルモデルチェンジで、日本でも人気のヴァリアントを待っていた方も多いはず。新型ゴルフヴァリアントもハッチバックの新型ゴルフ8と同様の美点が感じられます。

「乗り心地の良さ」「軽快なハンドリング」「高速域の直進安定性とスタビリティの高さ」「高い静粛性」などで、一般公道ではワゴン化によるデメリットはほとんど感じられないほど。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
611L-1642Lというクラストップレベルの荷室容量を誇る

そこに加えて、広くなったリヤシート(後席足元が903mmから941mm)、611L-1642Lというクラストップレベルの荷室容量まで備えています。

子どもが2人いて、キャンプも楽しむというファミリー層にとって理想的なステーションワゴンと断言できるほど。もっと荷物を積みたいのであれば、純正アクセサリーでルーフボックスやキャリングロッド、サーフボードホルダーも設定されています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
1.0Lガソリンターボを積む「eTSI Active」の走り

それに加えてありがたいのが、同一車線内全車速運転支援システムの「Travel Assist(トラベルアシスト)」。

210km/hまでの全車速域で先行車追従、車線維持をサポートしてくれる機能で、静電容量式センサーにより軽くステアリングに手を添えているだけでもシステムが維持しやすくなっています。キャンプやアウトドアで遊び疲れていても、ロングドライブでも快適な走りを支えてくれます。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
最新世代の1.0Lガソリンエンジンターボを搭載する

搭載されるパワートレーンは、1.0Lと1.5LのeTSIエンジン。48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオン電池が組み合わされたマイルドハイブリッド。1.0Lは110PS/5500rpm・200Nm/2000-3000rpm。1.5Lは150PS/5000-6000rpm・250Nm/1500-3500rpmというエンジンスペックになっています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアントのインパネ

マイルドハイブリッド化により、スムーズな発進加速を実感できるうえ、7速DSGによるスムーズかつダイレクト感のある走り、さらに、マニュアル感覚の操作により山道などで積極的な変速も楽します。また、1.5Lに搭載されている気筒休止(4気筒のうち2気筒を休止)システムの「アクティブシリンダーマネジメント(ACT)」の作動を、音や振動で察知するのは不可能といえるほど洗練されています。

気になるのは、1.0Lと1.5Lのトルク感、パワーフィールの差。1.0Lモデルを単体で乗れば、高速道路もワインディングも大きな不満はなく、1.0Lの直列3気筒という印象よりも活発な走りを披露します。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
「R-Line」のフロントシート

1.5Lと乗り比べると、スペックどおり、街中から高速域、登坂路まで余力があります。さらに、低速域を中心に、エンジンのサウンドや振動面も洗練されているのも印象的。

街中中心で、フル乗車や荷物満載という機会が少ないのであれば1.0Lでも十分で、逆にロングドライブの機会が多く、荷物も多く積み込むのであれば、1.5L仕様にしておくのが無難といえそうです。

なお、試乗車の価格は「eTSI Active」が326万5000円。「eTSI R-Line」が389万5000円となっています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
「eTSI Active」のリヤシート

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)