グッドイヤーとスケッチャーズがフットウェアを共同開発!

■自社のタイヤに用いる技術をスニーカーに応用!

タイヤメーカーのグッドイヤーは、新しい分野にも積極的に挑むことで有名です。1970年代のアポロ計画では月面車のタイヤを開発しましたし、昨年の東京モーターショーでは、レクサスのEVコンセプトカーのインホイールモーター一体型タイヤを提案しました。

レクサス用タイヤ
レクサスLF-30 Electrifiedのタイヤ

そんなグッドイヤーが、今度はフットウェアに挑みました。コラボしたのはスニーカーの世界的ブランド「スケッチャーズ」。メンズ、ウィメンズ、キッズそれぞれのモデルに、グッドイヤー独自の技術を盛り込んだアウトソールを採用したのです。

グッドイヤー製アウトソール
グッドイヤー製アウトソールを採用したスケッチャーズのフットウェア

このアウトソール開発にあたっては、グッドイヤーが自社のタイヤに採用している「持続可能な大豆油を含む特殊なポリマーを含む独自技術」が用いられたとのこと。具体的にはランニング時の安定性向上や職場の滑りやすい床でのグリップ性のアップ、子供の遊び場での耐久性の向上といった効果が期待できるそうです。

グッドイヤー製アウトソール
グッドイヤー製アウトソールを採用したスケッチャーズのフットウェア

グッドイヤー製アウトソールを用いたフットウェアは、当初スケッチャーズの「GOrun」シリーズの3モデルからスタートしますが、2020年じゅうにアスレチック・ライフスタイルやトレイル、ワークフットウェア、キッズスタイルへと拡大していくとのこと。今度靴を選びに行くときは、靴底のグッドイヤーのロゴを探してみてはどうでしょう。なんといってもグッドイヤーのロゴマークは、「羽のついた靴」ですものね。

グッドイヤーのロゴマーク
グッドイヤーのロゴマーク

(文:角田伸幸)

『グッドイヤー』の最新記事
カートリッジ交換でタイヤを再生。グッドイヤーのコンセプトタイヤ 「reCharge(リチャージ)」
EAGLE RS SPORT V4_サイドウォール
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race対応のグッドイヤーのSタイヤが1年ぶりにフルチェンジ 【グッドイヤーEAGLE RS SPORT V4(イーグルRSスポーツV4)】
梅本まどか
グッドイヤー・エフィシェントグリップECO EG02はコンパクトカーに最適! 最新の低燃費タイヤの安心性能に梅本まどかも驚いた!!【タイヤ選び基礎講座】(PR)
イーグル RS スポーツ V4
グッドイヤーがハイグリップスポーツタイヤの「EAGLE RS SPORT V4」を発売
オールシーズンタイヤブームの火付け役はさすがの性能だった【ベクター フォーシーズンズ・ハイブリッド試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事