グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「VECTOR 4SEASONS GEN-3」シリーズに11サイズが追加

■ウインター性能はもちろん、静粛性やロングライフ性能に磨きを掛ける

日本でも年々、知名度が高まっているオールシーズンタイヤは、非降雪地域での急な積雪に条件付ではあるものの対応してくれるタイヤです。

VECTOR 4SEASONS GEN-3
サイズが追加された「VECTOR 4SEASONS GEN-3」

以前お伝えしたように、日本グッドイヤーは、2022年8月1日に発売をスタートしたプレミアムオールシーズンタイヤの「VECTOR 4SEASONS GEN-3(ベクター・フォーシーズンズ・ジェンスリー)」「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV(ベクター・フォーシーズンズ・ジェンスリー。エスユーブイ)」に、2022年10月と11月に、新たに11サイズを追加すると明らかにしました。

ウインター性能に加えて、静粛性やロングライフ性が大幅に向上した「VECTOR 4SEASONS GEN-3」シリーズが、より幅広いモデルやグレードに対応することになります。

両タイヤは、ヨーロッパで研究、開発、生産されているオールシーズンタイヤで、ウインター性能を高めただけでなく、サマー性能も、特に静粛性とライフ性能の大幅向上を実現しているそうです。

技術面の主な特徴をおさらいすると、センター部に向かって狭くなる溝とパターン最適化によってノイズを低減する「新Vシェイプドトレッド」が採用されています。従来品に比べて、パターンノイズを36%、ロードノイズも31%の低減を実現。また、「ドライハンドリングテクノロジー&新オールウェザーコンパウンド」により、高剛性トレッドがタイヤの変形を低減させ、高いハンドリング性能に寄与すると共に、新コンパウンド採用によりライフ性能が、30%向上されています。

今回のサイズ追加により、ブームとなっているSUVにも幅広く対応するなど、適合車種が増えています。

(塚田勝弘)

VECTOR 4SEASONS GEN-3
10月1日発売の「VECTOR 4SEASONS GEN-3」サイズ
VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV
10月1日発売の「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」のサイズ
11月1日発売 VECTOR 4SEASONS GEN-3サイズ
11月1日発売の「VECTOR 4SEASONS GEN-3」のサイズ
VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV
11月1日発売の「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」のサイズ

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。