ジェンソン・バトンが「SCORE BAJA(バハ)1000」の車検場でウキウキだった!

チームメイトと笑顔に応じるジェンソン・バトン選手

■ジェンソン・バトン自らが車検場にやってきた!

メキシコ・バハカリフォルニアで行われる「SCORE BAJA(バハ)1000」オフロードイベントで、ある意味最大注目ドライバーの一人なのが、元F1チャンピオンであり、つい先日までスーパーGTでホンダNSXのステアリングを握っていたジェンソン・バトン選手です。

車検場に現れたジェンソン・バトン選手の後ろ姿
車検場に現れたジェンソン・バトン選手の後ろ姿

昨日も、駐車場で偶然にお会いできたときの気さくな様子をお届けしましたが、本日も車検場でジェンソンの姿を目にすることができました。

ジェンソンバトン選手が乗る203号車
ジェンソンバトン選手が乗る203号車

昨日と違って、きっちりサイドにステッカーも貼ってありました。

車検場に現れたジェンソン・バトン選手
車検場に現れたジェンソン・バトン選手

車検場に入ってきて、ヘルメットなどのチェックのためオフィシャルにレーシングスーツとともに預けます。オフィシャル側の日本人がチェックして返却する際ジェンソンは日本語で「ダイジョウブ〜?」というほどの日本好き。オフィシャル氏によると、喋り方もとても紳士で、ある意味レーシングドライバーの大スターらしからぬくらい丁寧だそうです。

自分でヘルメットの出し入れもするジェンソン・バトン選手
自分でヘルメットの出し入れもするジェンソン・バトン選手
ジェンソンバトン選手のヘルメット
ジェンソンバトン選手のヘルメット

車検場とドライバーの登録デスクは15mくらいの距離で、特に急ぐ必要もないのに、そこまで小走りで走っていきます。ややスキップ気味にも見えます。なんだか嬉しそうです。

小走りするジェンソン・バトン選手の後ろ姿
小走りするジェンソン・バトン選手の後ろ姿

ちなみに、SCORE BAJA 1000の車検ですが、必ずしも本人が車両を動かしたり、現場でサインする必要は絶対ではないそうです。なのに、ノリノリで普通のスタッフ同様に軽やかな動きをしていました。

大よそ手続きを済ますと、今度は自撮りで動画を撮影。ファンサービスのための録画だと思いますが、この時も終始ワクワクした笑顔。仕事柄、ジェンソンをスーパーGTでのピット裏でお見かけすることはありましたが、その時は常に真面目な顔、ある意味そんなに楽しい顔ではなかったように思えました。まあ、チームを勝利に導くために雇われたドライバーの立ち位置と、自らのためにチームを組んで参加するモータースポーツでは、それだけリラックス度は違うとも言えますし、それだけ前者での責任感も大きいと想像できますね。

ファンサービスのため自撮りするジェンソン・バトン選手
ファンサービスのため自撮りするジェンソン・バトン選手

そんな一連の作業を終えたところで、レンズを向けるとこれまたチームメイトとともに笑顔で対応いただきました。やはりこの時も余裕を感じられました。悪天候を吹き飛ばすようなその笑顔で、きっと、レース全体を良い方向へ導いてくれる、そんな予感すら漂わせてくれました。

チームメイトと笑顔に応じるジェンソン・バトン選手
チームメイトと笑顔に応じるジェンソン・バトン選手

(文・写真:クリッカー編集長 小林和久)

『バハ1000』の最新記事
シリーズチャンピオンとなったAndy McMillin(アンディ・マクミラン)選手の31号車
SCORE BAJA(バハ)1000の優勝はTOYO TIRESのAlan Ampudia(アラン・アンプディア)、SCORE BAJA 2019シリーズはTOYO TIRESのAndy McMillin(アンディ・マクミラン)
Alan Ampudia(アラン・アンプディア)選手
【速報】SCORE BAJA(バハ)1000でトーヨー・タイヤのAlan Ampudia(アラン・アンプディア)が初優勝!
Andy McMillin(アンディ・マクミラン)選手とBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手の31号車
いよいよスタート「SCORE BAJA(バハ)1000」。注目の日本ブランド「TOYO TIRES」選手たち
TOYO OPEN COUNTRY M/T-Rを履く優勝候補の31号車
トーヨー・タイヤがメキシコ・バハ・カリフォルニア州の第52回「SCORE BAJA 1000(バハ1000)」に「OPEN COUNTRY」を供給、サポート!
第52回BFGoodrich Tires SCORE Baja(バハ) 1000は悪天候の影響によりスタートを24時間ディレイと発表
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事