話題のグランエースをハイエース&アルファードと比較してみた【東京モーターショー2019】

グランエース 前7-3

●広い全幅、長いホイールベース…グランエースの大きな車体のポイントは?

東京モーターショーの青海展示場・トヨタブースのすぐ隣にあるトヨタ車体のブースには「グランエース」と名付けられたかなり大きなミニバンが展示されています。

グランエース 前7-3
300系ハイエースと比べるとグリルが拡大されているグランエース

このグランエースは今年2月フィリピンで発表された300系ハイエースの日本版と言えるモデルです。現行ハイエースではグランドキャビンと言われるグレードがワゴン系の最上級モデルとなりますが、それを一線を画する豪華なモデルと仕上げられています。

ハイエースグランドキャビンは、4列シート配列で前から2-2-3-3名の10名定員ですが、グランエースは2-2-2名の6名定員もしくは2-2-2-2名の8名定員の2種が用意されます。

300系ハイエース
バンコクモーターショーに展示された300系ハイエース。メッキ使用部位などが少ない

グランエース 真横スタイリング

フィリピンをはじめとして東南アジア諸国ではハイエースの4列シートモデルを移動手段として使っていることが多く見かけます。まだまだ公共交通機関が充実していない地域では1台のクルマに多くの人が乗れるのはとても重要なことなのです。日本でも人手不足が深刻化しているので、1人のドライバーがたくさんの人を運べるようになるのはとても重要なこととなるのでしょう。

このグランエースは2019年中に発売とのことなので、2020年の東京オリンピック・パラリンピックには間に合うというということになり、日本を訪れる外国人観光客をたくさん乗せて移動するもしれません。

グランエース インパネ
トヨタの上級モデルらしくしっかりとしつつも高級感にあふれるインパネ
グランエース セカンドシート
オットマンが装着されたセカンドシート

さて、客観的に比較をしてみました。それぞれの項目は下の表組みを見てもらえば一目瞭然ですが、ポイントを少し解説しましょう。

グランエースはアルファードに比べて210mmも長いホイールベースが与えられています。現行のハイエース・グランドキャビンと比べても100mmも長くなっています。当然のように全長も長くなっていますが、それよりも全幅が120mmも広げられていることが最大の特徴とも言えるでしょう。レクサスLSの全幅が1900mm、LX(ランドクルーザーのレクサス版)が1980mmmですから、その幅の広さは推して知るべしです。

グランエース 真正面スタイリング
アルファードと比べるとライトが小さめで、圧迫感は減らされている
グランエース 後ろ7-3スタイリング
リヤコンビランプはL型デザイン。メッキガーニッシュが特徴的

アルファードは前輪駆動システムを採用するモデルですが、グランエースは後輪駆動となります。ここがアルファードと大きく異なる部分となります。グランエースは商用車もラインアップする車系で、アルファードは乗用オンリーの車系です。どちらがいいということはありません。

また、現段階ではグランエースはディーゼルエンジンのみの設定となっていますが、今後ガソリンエンジンやハイブリッドの登場がないとは言い切れません。今後の展開も含めてグランエースがどうなっていくか? にはかなり注目です。

(文/写真・諸星陽一)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事