名車240ZGからZ34ニスモまで大集合! フェアレディZミーティングの注目マシンをピックアップ

■1410台のフェアレディZが勢ぞろいして生誕50周年を盛大に祝う

●ADVANオールフェアレディZミーティング in 富士スピードウェイ2019(5月5日開催)

初代S30型のオーナーズクラブである「S30Z CAR.jp」が主催する「オールフェアレディZ」ミーティング。9回目となる今年は、5月5日に富士スピードウェイで開催されました。
ちょうどフェアレディZの生誕50年という節目だったこともあり、1410台もの参加車で賑わいました。その中から、注目のマシンをご紹介していきましょう。


純正色のマルーンをまとった240ZGがこれだけの台数で集まるのは、このイベントだけでしょう。手前のクルマだけボンネットをS130用に変更しています。


赤いボディにオプションのランプカバーが似合ってますが、このクルマ実はリヤが少し長い2by2。最近見直されているのです。


ブルーがかったパール塗装にドアミラーと、現代風にカスタムされたS30。15インチが主流のS30に大径ポリッシュホイールを履く姿は新鮮です。


日本国内より圧倒的にアメリカで売れたS30ですので、並行輸入されたクルマも多いようです。こちらはS30最終の280Zで、ホワイトレタータイヤがアメリカンな印象。


S30王道のリップ+リヤスポイラーにオーバーフェンダーで武装した1台。ところがエンジンはRB26DETTにスワップされていました。ハイパワーに対応させて室内にはロールケージが装備されてます。


カスタムされてしまう例が多いS30ですが、なかにはホイールまで純正スチールのままというクルマもありました。純正のグランプリグリーンでレストアされたようで新車然としてます。


大きく重く豪華になった2代目S130は参加台数が少なかった印象。そのなかで純正マンハッタンカラーをキープしている2000ターボを発見! アルミホイールも当時の純正のままです。


一世を風靡したARBエアロパーツをまとったS130も見受けられました。タペットカバーを「DATSUN3200」と加工したL28改3.2リッターエンジンを搭載しています。

『日産・フェアレディZ』の最新記事
6代目フェアレディZ(Z34型・2008(平成20)年12月)
5代目と似ていても中身は大刷新! いまも現役・10年超の長距離ランナー・6代目現行Z34【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・6代目現行Z34編】
5代目フェアレディZ (Z33型・2002(平成14)年7月)
名声復活・水面下で進んでいた新生Zプロジェクト! 21世紀をゆく5代目Z33【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・5代目Z33編】
4代目Z(Z32型・1989(平成元)年8月)
4代目フェアレディZ32型はスペック、先進性、品質感・・・すべてがZ史上トップ! バブル期と901活動の申し子だった【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・4代目Z32編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事