Cピラーが鏡代わりになるほど磨かれた艶やかな塗装とは?【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑤〜塗装工程】

新型トヨタ・センチュリーの工場取材で「ボデー工程」の次に取材したのが「塗装工程」。こちらも新型センチュリーのキモになります。

一般的なクルマの塗装は、下地、中塗り、上塗りの3層、もしくは電着、中塗り、ベースカラー、クリアの4層からなっています。センチュリーの「神威(かむい)」は、なんと7コート5ベーク。

通常の4層に加えて、さらにベースカラー、カラークリア、トップクリアも加わり、通常の倍手間が掛かっているわけです。

さらに、4回の塗装と焼き付け乾燥を行うことを4コート4ベークと呼び、レクサスなどの高級車には4コート4ベークもあります。ほかにも、コンパクトカーなどに使われている4コート3ベークから中塗り工程を廃したホンダの3コート2ベークなど、環境負荷低減、コスト低減を目指す塗装方法などもあります。

世界トップレベルの塗装を誇る新型センチュリーの「神威(かむい)」は、なんと7コート5ベークで、その間に3回の水研き(水研)を3回も行い、最後にバフによる鏡面仕上げが行われるという念の入りよう。

水研は、水を掛けながら塗装面を研磨していく作業で、1回60分ほどかけて行われます。水研は、各クリアが吹かれる前に3回も実施するそう。塗装全体で40時間を要するそうですから、塗装だけでも生産能力に限りがあるのが分かります。

なお、新型センチュリーを象徴するボディカラーである「神威(かむい)」は、漆塗りの漆黒を目指したそうで、「現地現物」主義を掲げるトヨタですから、石川県まで輪島塗を学びに行ったそうです。

センチュリーの塗装面でとくに艶やかに仕上げられているのがCピラーの部分。VIPがネクタイを直す際などに、Cピラーが鏡代わりに使われるそうで、映り込む景色まで計算したというこだわりは半端ではありません。

センチュリーの塗装がどれだけ美しいかは、このエピソードだけでもうかがい知れると思いますが、塗装の「肌ランク」と呼ばれるトヨタ社内の基準があり、センチュリーは4.5〜5点満点。同社のコンパクトカーは3.0点くらいだそうですから、その仕上がりの良さが際立っています。

こうしたセンチュリーの塗装技術やノウハウは、東富士工場で生産されている「JPN TAXI」にも活かされているとのことです。

(文/塚田勝弘 写真/水野孔男、塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定
全身ソーラーパネルのプリウスPHVが登場。公道走行実証実験で実施
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事