【新車試乗 ポルシェ911(992)】フルモデルチェンジで991から992となった八代目ポルシェ911は「MMBアーキテクチャー」でどう変わった?

■SUV人気に押されてる!? イヤイヤ、やっぱ「ポルシェ」は「911」推しでしょ!

・「販売の8割以上が4ドア物件」というポルシェの中で911の立ち位置は?

SUVはカイエンにマカン。そしてサルーンはパナメーラ。今や多くの国で売れてるポルシェとは4ドアのクルマであり、多くの人はそれをもってポルシェをスポーツブランドとみなしているのかもしれません。現に世界最大市場の中国においては、販売の8割以上が4ドア物件だといいます。

が、その中国でもにわかに数を増やしつつあるのが2ドアのスポーツカーライン、とりわけ911のようです。これは上海に広大な体験コースを作るなど、ポルシェ自ら2ドア推しでブランドイメージを醸成してきた成果もあるようですが、一方で彼の地も市場の成熟化に伴い、本質を求めるカスタマーが増えたことは想像に難くありません。

ポルシェの本質は911。これはもう揺るぎない事実です。いや、もっといえば核心でも、御神体としても大袈裟ではないでしょう。

じゃあボクスターやケイマンはどうなのよと問われればこれは難しい。この両車はアーキテクチャーをある程度共用してますし、リアサスがストラットとはいえミッドシップパッケージを採るボクスター&ケイマンの方が運動性能的に優位に立つ場面もあったりします。が、ポルシェ自らが判断する性能のプライオリティは911の側にあり、動的質感においても911に利があると。これは10年以上ボクスター&ケイマンに乗り続ける僕も悔しいかな、試乗のたびにはっきりと体感することです。

その911がフルモデルチェンジを受けて992型へと進化しました。水冷世代では四代目、63年のデビュー時から数えれば八代目ということになります。

『ポルシェ』の最新記事
システム出力は680PS! 新型カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペの予約受注がスタート
ポルシェ、おまえもか… 初のEV「タイカン」を見て感じたこと【フランクフルトモーターショー2019】
ポルシェ初のピュアEV「タイカン」がワールドプレミア。まずは「ターボS」と「ターボ」がデビュー【新車】
待望のPHV投入! ポルシェが「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」を追加
ポルシェ
ポルシェからレアなボディカラー「マリタイムブルー」をまとった特別仕様車が登場!! 718ケイマン&ボクスターGTS、911カレラGTS&カブリオレに設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事