【新車試乗 ポルシェ911(992)】フルモデルチェンジで991から992となった八代目ポルシェ911は「MMBアーキテクチャー」でどう変わった?

・ポルシェ911、「991」→「992」でどこが変わった?

外観的には下部がブラックアウトされた前後のバンパーによってキュッと引き締まった印象です。内装は空冷時代の意匠をオマージュしたセンターコンソールの5ボタンや、タコメーター以外を液晶化した5眼メーターなど伝統的なディテールも散見されますが、スイッチやノブ類をフラッシュサーフェス化したようなフラットデザインが未来性を匂わせます。ともあれ全体的なデザインテイストはカイエンやパナメーラとも相通じており、ポルシェ内で共有する未来像に則ったものといえるでしょう。

でもホイールベースは991型と変わらず。エンジンの排気量も991型後期と変わらず…と、肝心の中身はあんまり代わり映えがなさそうにみえなくもありません。

でも実際は色々と手を尽くしているんですね。シャシーはアルミ材の使用率を70%まで高め、これに伴いリアメンバーは一新されエンジンマウントは位置も搭載方法も変更。ホワイトボディ全体では前型比で12kgの軽量化と5%の剛性向上を果たしたといいます。

『ポルシェ』の最新記事

【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設
新型ポルシェ911は日本人がデザインしていた! 唯一のポルシェ日本人デザイナーが語る911のカタチの秘密
ポルシェ、今秋の東京モーターショーには出展せず! 独自エキシビション「scopes Tokyo(仮)」を実施
【新車】世界初の「ウェットモード」など先進技術を満載し、8代目の新型ポルシェ911が登場!価格は16,660,000円〜
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事