【新車試乗 ポルシェ911(992)】フルモデルチェンジで991から992となった八代目ポルシェ911は「MMBアーキテクチャー」でどう変わった?

・PSM、トラクションコントロール、誰にでも楽しめる911

992型では新たに後輪操舵の採用で旋回性や応答のダイレクト感を高めつつ、一方で降雨時などのスタビリティを高めるウェットモードを設定しました。PSMやトラクションコントロール、スロットル&変速マネージメントを統合制御し、不安定挙動への移行を阻止するというそれ、雨天時はホイールハウス内に仕込まれたセンサーでスプラッシュ音を拾い路面状況を察知、モード使用を促すという念の入りようです。実際に散水した路面で試乗しましたが、いかにもお尻からズパッと流れそうな911の不得手状況では相当強力に車体を安定させてくれます。こうやって長所を伸ばしつつ短所を削るという作業を半世紀以上に渡って続けてきた、モデル毎にその成果が地道に反映されているんですね。

911の進化は、周囲を固めるサプライヤーにも大きな課題を突きつけることもあります。後輪より後ろに置かれたエンジンで発する破天荒なパワーを御するにはタイヤの大径・低偏平化は必須。とあらばその径を活かしてディスクを大型化、そしてキャリパーのモノブロック化を進めるなど、特に911を通じてのタイヤとブレーキの連携的進化は、他のメーカーのスポーツカー作りにも大きな影響を与えました。

00年代以降は電子制御技術の発達もあって大パワーも随分お気楽なものになってしまいましたが、真のスポーツカーメイクスたちは、RRという特殊なパッケージで半世紀以上にわたって進化し続ける911というクルマに格別の敬意を抱いています。そして彼らは、乗り心地と運動性能、そして速さのバランスが疑いなく世界一の水準に達した992型をまたお手本として、一喜一憂を繰り広げるのでしょう。

(渡辺 敏史)

【SPECIFICATION】
<ポルシェ911カレラS>
ボディサイズ:全長4519 全幅1852 全高1300mm
ホイールベース:2450mm
トレッド:前1589 後1557mm
車両重量:1515kg
エンジン:水平対向6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2981cc
ボア×ストローク:91.0×76.4mm
圧縮比:10.2
最高出力:331kW(450ps)/6500rpm
最大トルク:530Nm/2300 – 5000rpm
トランスミッション:8速DCT(PDK)
駆動方式:RWD
ステアリング形式:電動パワーアシスト
(オプション:リアアクスルステアリング)
サスペンション形式:前マクファーレンストラット 後マルチリンク
ブレーキシステム:前6ピストン 後4ピストン(アルミモノブロック)
ディスク径:前350×34 後350×28mm
タイヤサイズ(リム幅):前245/35ZR20(8.5J)後305/30ZR21(11.5J)
最高速度:308km/h
0-100km/h加速:3.7(3.5)秒
0–160km/h加速:8.1(7.8)秒
0–200km/h加速:12.4(12.1)秒
※( )内はスポーツプラスモード時
CO2排出量(EU):205g/km
燃料消費率(EU複合):8.9L/100km

<ポルシェ911カレラ4S>
ボディサイズ:全長4519 全幅1852 全高1300mm
ホイールベース:2450mm
トレッド:前1589 後1557mm
車両重量:1565kg
エンジン:水平対向6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2981cc
ボア×ストローク:91.0×76.4mm
圧縮比:10.2
最高出力:331kW(450ps)/6500rpm
最大トルク:530Nm/2300 – 5000rpm
トランスミッション:8速DCT(PDK)
駆動方式:AWD
ステアリング形式:電動パワーアシスト
(オプション:リアアクスルステアリング)
サスペンション形式:前マクファーレンストラット 後マルチリンク
ブレーキシステム:前6ピストン 後4ピストン(アルミモノブロック)
ディスク径:前350×34 後350×28mm
タイヤサイズ(リム幅):前245/35ZR20(8.5J)後305/30ZR21(11.5J)
最高速度:306km/h
0–100km/h加速:3.6(3.4)秒
0–160km/h加速:8.3(8.0)秒
0–200km/h加速:12.7(12.4)秒
※( )内はスポーツプラスモード時
CO2排出量(EU):206g/km
燃料消費率(EU複合):9.0L/100km

『ポルシェ』の最新記事

【新車】4.0LのNAエンジンを積むポルシェ718スパイダー、718ケイマンGT4がデビュー
【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設
新型ポルシェ911は日本人がデザインしていた! 唯一のポルシェ日本人デザイナーが語る911のカタチの秘密
ポルシェ、今秋の東京モーターショーには出展せず! 独自エキシビション「scopes Tokyo(仮)」を実施
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事