プロポーションは2000GT似? トヨタ「スープラ」A90型が1月14日にベールを脱ぐ

トヨタ自動車が2019年1月14日に開幕するデトロイトショーで正式公開を予定しているA90系「スープラ」。BMWとの共同開発による3.0L直6ターボエンジン(欧州仕様:340ps)を搭載、後輪駆動のFR方式を採用しています。

全長4,380mm x 全幅1,860mm x 全高1,290mm、ホイールベース2,480mmと、A80系よりも全長が短くなっており、そのプロポーションはどことなく、かつての名車「トヨタ2000GT」を彷彿させます。

同社はデトロイトショーで新型スープラを公開後、来年2019年前半から順次世界各国で販売を開始する予定で、量産第1号車をチャリティオークションに出品。高値が付くことが予想され、その収益を慈善事業に寄付するそうです。

先頃、独ニュルブルクリンクで開催されたVLN耐久選手権最終戦に「モリゾウ」こと、豊田章男社長のドライブで同車が登場して会場を沸かせるなど、新型のアピールにも余念がありません。

既に最終的な「走りの味付け」も終え、トヨタでは生産を待つばかりの状況。デトロイトショーでの同車の勇姿が期待されます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

新型トヨタ・スープラの味付けには「モリゾウ」豊田章男社長も参画
https://clicccar.com/2018/10/29/645512/

トヨタが新型「スープラ」のオンライン受注を開始。ドイツ国内限定で300台
https://clicccar.com/2018/10/02/635513/

来春発売!? 次期スープラの自慢は、加速&減速時に発するエンジンサウンド
https://clicccar.com/2018/09/12/628052/

新型「トヨタ・スープラ」の車体カモフラージュ作業が動画で公開!
https://clicccar.com/2018/09/10/627506/

次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?
https://clicccar.com/2018/07/30/613666/

『トヨタ・スープラ』の最新記事
GRスープラの2021年モデル(3.0L仕様)が、335hpから382hpにパワーアップ【新車】
2021_GR_Supra
トヨタがGRスープラの大幅パワーアップをアメリカで先行発表、日本発売は2020年秋!
SNSから生まれた非売品Supraは爆速BBQってどういう事?【TGRF2019】
GRスープラ_001
GRスープラはスーパーGTだけじゃない! 様々な仕様で登場したGRスープラたち【TGRF2019】
トヨタ GR スープラ GT4
価格は約2100万円強!? レース専用車両「GR Supra GT4」の販売が欧州からスタート
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事