次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?

英国で先頃開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、トヨタ自動車が開発中の「新型スープラ」の走りを披露。観客が注目するなか、「ヒルクライム」で1.9kmを走行しました。

開発責任者であるトヨタ自動車の多田哲哉チーフエンジニア(CE)がステアリングを握る同車はサーキットにエンジンサウンドを響かせ、FRスポーツ車の頼もしい走りを披露。

多田CEによると、通常の開発サイクルが3年のところ、同車の開発には2倍の6年の歳月をかけているそうで、グッドウッドで走行を披露できた際は感慨ひとしおだったようです。

「スープラ」の開発では「トヨタ86」の開発経験が有ったため、高いレベルから開発をスタートさせることができたそうで、車両重心を更に低くし、高価なカーボンファイバー材料を使用せずに同社のスーパースポーツ「LFA」と同等の車体剛性を確保。

今回、「グッドウッド」で走行を披露した際は、周りのスーパーカー達の中で、価格的に一番安いであろう同車が最も大きな歓声を得たと言います。

多田CEは、新型の開発にあたり、歴代「スープラ」への敬意を表したいと考えているそうで、エキサイティングで一目で同車と判るデザイン、直6エンジン/FR駆動の継承、官能的なサウンドを追求。30年後に同車に再会した際、どれほど良いクルマだったかを語れるのが理想とか。

2002年に生産を中止した「スープラ」は、本年3月のジュネーブショーでレーシング仕様のコンセプトモデル「GR Supra Racing Concept」として復活を遂げ、来年前半から世界各国で市販を予定しているそうです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

新型「トヨタ・スープラ」の最新動画 グッドウッド2018で快音を響かせて疾走!
https://clicccar.com/2018/07/16/609096/

トヨタが7月12日 英グッドウッド・フェスティバルで「新型スープラ」公開!
https://clicccar.com/2018/07/08/607160/

2019年のNASCARにトヨタ「スープラ」参戦!次期モデルもいよいよ市販へ
https://clicccar.com/2018/07/07/606731/

ジュネーブショーに登場した新型スープラ のコンセプトモデルから予想されるスペックは?
https://clicccar.com/2018/05/21/591646/

【ジュネーブショー18】次期トヨタ「スープラ」のLM-GTE仕様車が登場?
https://clicccar.com/2018/02/14/559140/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事