【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在

2011年2月に日本に導入された先代のメガーヌR.S.(メガーヌ ルノー・スポール)は、左ハンドル+MT(2ドア)という組み合わせで、「メガーヌ RS トロフィー」は当時ニュルブルクリンクにおいて市販のFFモデルで最速タイムを記録した超硬派なモデルでした。

3代目にスイッチした新型メガーヌR.S.は、右ハンドル+DSG(5ドア)という組み合わせで登場。なお、MT車の今後導入もありそうなので、3ペダル派は待ってもいいかもしれません。ただし、2ペダルも十分刺激的で、食わず嫌いはもったいないと思わせる仕上がりになっています。

『ルノー』の最新記事

井出有治さん待望の「メガーヌR.S. カップ」6MTは、あえてラフに扱っても感触はマイルドだった!(その3)【動画】
「メガーヌR.S. カップ」はしなやかかつ軽やかなのに、スポーティ度はアップ!? これがルノー流スポーツカーの作り方(その2)
スペシャル機構をさらにセットアップ! 井出有治お気に入りの「メガーヌR.S.」に、待望の「6MTシャシー・カップ」が登場(その1)
【ルノー・ルーテシア トロフィーR.S.アクラポビッチ試乗】これぞ「ホットハッチ」! 最近のルノーはビックリするほどスポーティになっている
【新車】人気限定車の第9弾「ルノー カングー クルール」が登場。男っぽいギア感を表現

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事